メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 准教授

宮本 俊朗(みやもと としあき)

■担当科目/運動学I、運動学II、運動学実習、神経系理学療法学実習、内部障害理学療法学実習など

学歴 大阪大学 工学部 応用理工学科 卒業
京都大学 医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士課程 修了
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程 修了
職歴 天理よろづ相談所病院 リハビリセンター
京都逓信病院 リハビリテーション室
京都市立病院 リハビリテーション科
京都大学医学部人間健康科学科 非常勤講師(兼務)
現職
学位 博士(人間・環境学):京都大学
資格 理学療法士、認定理学療法士、福祉住環境コーディネーター

受験生の皆さんへ

超高齢社会となった我が国において、理学療法士への期待は高まる一方です。そのような時流に応えるべく、しっかりとした知識・技術を体得するとともに、新しいことを切り開いていこうとする研究能力も必要とされています。質の高い知識・技術を持ち、自ら考えて積極的に行動できる理学療法士になるため、何事もあきらめずにやりぬいて下さい。きっとその力は将来の日本の医療に役立つはずです!

研究テーマ

研究領域は運動生理学です。近年、運動を含めた身体活動は認知症やがん、メタボリックシンドロームなどを予防できることが明らかとなっています。様々なテクノロジーが発達した現代社会において、身体活動は健康維持に欠かせないものとなっていると言えます。どのような身体活動を実施すれば効率的に各疾患を予防・改善することができるかを明らかにして、罹患予防のための身体活動戦略を構築することを研究しています。また、病気や障がいによって、推奨される身体活動を実施できない人に対して、代替となる運動手段も模索しています。これらの研究を発展させることが、今後の日本を明るくすると信じて日々研究を行っています。

  1. 1. 認知機能の維持・改善のための身体活動戦略
  2. 2. 運動実施困難者に対する代替的運動療法の確立
  3. 3. 認知症やメタボリックシンドロームの予防に対する腸内フローラの役割
  4. 4. 2型糖尿病患者に対する理学療法介入の研究
  5. 5. 高密度表面筋電図を使用した運動時の筋活動の解析