メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 講師

佐久間 香(さくま かおる)

神経系理学療法学Ⅰ・Ⅱ/神経系理学療法学実習/義肢装具学/義肢装具学実習など

学歴 京都大学 医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 修士課程 修了
京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 博士後期課程 研究指導認定単位取得後退学
職歴 社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団兵庫県立リハビリテーション中央病院
社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団兵庫県立リハビリテーション西播磨病院
日本学術振興会 特別研究員
関西福祉科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 助教
現職
学位 修士(人間健康科学): 京都大学・院
資格 理学療法士, 福祉住環境コーディネーター2級, 福祉用具プランナー

受験生の皆さんへ

理学療法士は身体づくりと生活動作の専門家です。超高齢社会を迎え,理学療法士が貢献できる分野は拡大しています。高い専門性を持って,他の職種と連携することで,社会を明るくすることが出来る職業です。人に興味を持っていれば,やりがいのある仕事だと感じることが出来ると思います。一緒に理学療法学を学びましょう。

研究テーマ

研究テーマは,「脳卒中後片麻痺者の歩行能力を改善するための運動療法の開発」です。脳卒中になると,手足を動かしにくくなったり,感覚が分かりにくくなることで,歩行が困難となることがあります。脳卒中になった後も自分が望む生活を過ごせるためには,継続した運動が必要です。そこで,どこでも簡単に行える,歩行能力の向上に効果的な運動について調べています。

  1. 1. 脳卒中後片麻痺者における曲線歩行練習の効果と適応
  2. 2. 短下肢装具が歩行学習に与える影響