メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 教授

坂口 顕(さかぐち あきら)

■担当科目/体表解剖学実習,理学療法評価学,基礎理学療法学,物理療法学,物理療法学実習,臨床運動学演習,運動器系理学療法学,スポーツ理学療法学演習

学歴 立命館大学法学部法学科 卒業
行岡リハビリテーション専門学校理学療法学科 卒業
県立広島大学大学院総合学術研究科保健福祉学専攻 修士課程 修了
神戸大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士課程後期 修了
職歴 科研製薬株式会社医薬営業部
医療法人それいゆ会 こだま病院リハビリテーション科 主任理学療法士
社会福祉法人春海会 エクセル鞆の浦 主任理学療法士
兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科 講師
兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科 准教授
現職
学位 博士(保健学):神戸大学大学院
資格 理学療法士
日本サッカー協会公認C級コーチ・同キッズリーダー
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

受験生の皆さんへ

患者さん,選手から選ばれ,「ありがとう」と言ってもらえる理学療法士を育てたいと思います. ハードワークを厭わない人,チームで取り組める人,そしてなにより「明るく」「元気」な人は,是非本学で学んでください.

研究テーマ

研究テーマは2つ.1つめは物理療法に関する領域で広くは「物理的エネルギーを用いての生体への影響」を研究しています.特にスポーツの世界でもよく用いられている.「微弱電流刺激」を用いた研究や女性特有の月経痛を軽減するための電気刺激療法の研究を行っています.もう一つは幅広くスポーツ障害に関する研究を行っており,特に足や靴に着目して研究を行っています.

  1. 1. 微弱電流刺激が創傷治癒促進に与える影響
  2. 2. 光線療法が生体に与える影響
  3. 3. 月経痛軽減に対する電気刺激療法
  4. 4. 少年サッカー選手の足の形態と疼痛の関係
  5. 5. 足と靴に関する研究