メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 講師

永井 宏達(ながい こうたつ)

■担当科目/理学療法学基礎実習Ⅰ、理学療法症例研究、小児発達系理学療法学、神経系理学療法学など

学歴 京都大学 医療技術短期大学部 理学療法学科卒業
京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 修士課程 修了
京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 博士課程 修了
職歴 大阪厚生年金病院リハビリテーション室
社会福祉法人伏見福祉会 醍醐の里
京都橘大学健康科学部理学療法学科 助教
現職
学位 博士(人間健康科学):京都大学・院
資格 理学療法士

受験生の皆さんへ

理学療法士の活躍の場はどんどん広がっています。病院での勤務だけでなく、地域や行政、企業など、幅広い分野での活躍が期待されています。それに伴い、医学的な知識だけでなく、いろんな職種と連携して、問題に取り組んでいく能力が益々求められます。大学生活では、ぜひ色んなことにチャレンジして、自らの人間力を大きく成長させ、目の前にある課題に立ち向かえる能力を身につけてください。

研究テーマ

研究テーマは「フレイルに対する効果的な予防とリハビリテーションの構築」です。高齢化が進む日本において、機能低下による要介護状態を予防することは、とても重要な課題です。それには、機能レベルに応じた包括的なアプローチが必要になってきます。多くの方が健康寿命を延ばし、高いQOLの維持を可能とするために、理学療法士の視点から研究を行っています。

  1. 1. 加齢に伴う姿勢制御機構の変化に関する研究
  2. 2. 高齢者の転倒予防、健康増進に関する研究
  3. 3. 整形外科疾患患者における転倒や身体機能に関する研究