メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 講師

松沢 良太(まつざわ りょうた)

内部障害理学療法学Ⅱ

学歴 北里大学 医療衛生学部 卒業
北里大学大学院 医療系研究科 修士課程 修了
北里大学大学院 医療系研究科 博士課程 修了
職歴 さがみ循環器クリニック リハビリテーション部 理学療法士
北里大学病院 リハビリテーション部 理学療法士
学位 博士(医学):北里大学
資格 理学療法士

受験生の皆さんへ

理学療法は大きな可能性を有する分野です。現在、理学療法士は、超急性期の集中治療領域から在宅医療・介護予防の領域、さらには研究領域まで活躍の場を広げており、社会的ニーズの高い職種といえます。そのため、本学在学中は、理学療法士として臨床現場で働くための基本的な知識・技術の習得だけでなく、理学療法の科学的根拠を検証するための研究にも関わってもらいます。皆さんが発見した新たな科学的根拠が、臨床現場で広く使われるようになり、人々のquality of life改善に寄与することを願っています。

研究テーマ

研究テーマは「心臓病・腎臓病患者に対する安全かつ効果的なリハビリテーション管理法の確立」です。心臓病や腎臓病といった内科疾患を有する患者の身体活動量や身体機能は健常者と比較して明らかに低下しています。これは、日常生活能力やquality of lifeの低下、さらには生命予後の悪化とも関連します。そのため、こうした身体機能低下・身体不活動といった状態をいかに是正するか、これは我々理学療法士が立ち向かう重要な課題です。私は心臓病・腎臓病患者の実際の臨床データに基づいて、安全かつ効果的な疾病管理方法の確立を目指して、日々研究をしています。

  1. 1. 腎臓病患者における筋肉量低下がもたらす臨床的意義に関する研究
  2. 2. フレイル・サルコペニアの簡易診断方法の確立
  3. 3. 腎移植後患者に対する運動療法の安全性とその効果に関する研究
  4. 4. 腎臓病患者における筋肉量低下を示す新指標についての検討
  5. 5. 心臓病・腎臓病患者におけるフレイル・サルコペニアの要因に関する研究