メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 学部長・教授

川口 浩太郎(かわぐち こうたろう)

■担当科目/運動器系理学療法学I,運動器系理学療法学II,運動系理学療法学実習,総合臨床実習など

学歴 国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
佛教大学 社会学部 社会福祉学科 卒業
広島大学大学院 医学系研究科 修士課程保健学 修了
職歴 医療法人 木村病院 リハビリテーション室 理学療法士
藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 理学療法士
藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 非常勤講師兼務
広島大学助手 医学部保健学科運動・代謝障害理学療法学講座
広島大学講師 医学部保健学科運動・代謝障害理学療法学講座
広島大学講師 大学院保健学研究科心身機能生活制御科学講座
広島大学助教授 大学院保健学研究科心身機能生活制御科学講座
学校法人兵庫医科大学大学設置準備室主幹
兵庫医療大学 リハビリテーション学部 教授
兵庫医療大学 大学院医療科学研究科 教授 併任
学位 博士(医学):広島大学
資格 理学療法士,日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー,社会福祉士

受験生の皆さんへ

理学療法士は「動き」を診る専門家です.人が動きにくくなる原因は,運動器の障害,神経系の障害,内部臓器の障害など多岐に渡りますが,動きにくくなっている原因を明らかにし,運動などを用いた理学療法介入を行い,動きやすさを取り戻すお手伝いをするのが,理学療法士が行うべき仕事だと考えています.生まれたばかりの子供から高齢者,スポーツ選手まで,幅広い人たちを対象とします. 本学で学んで,「動き」を診る専門家になりませんか?

研究テーマ

研究テーマとしては,「動き」をどのように評価するか,運動介入,物理的による身体の変化を扱います.臨床現場で行われている理学療法により,何故,変化を引き起こすことが可能か?について運動学的な基礎的研究から臨床研究まで,幅広く取り組みます.

  1. 1. 運動器疾患に対する理学療法(特に運動療法や徒手療法)に関する研究
  2. 2. 体幹機能に関する研究
  3. 3. スポーツ理学療法に関する研究