メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部理学療法学科 教授

日髙 正巳(ひだか まさみ)

■担当科目/日常生活活動学、同実習、地域理学療法学、同演習

学歴 神戸大学医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
佛教大学 社会学部 社会福祉学科 卒業
佛教大学大学院 教育学研究科 生涯教育専攻 修士課程 修了
神戸大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 博士課程 修了
職歴 公立宍粟郡民病院 理学診療科 理学療法士
武部整形外科リハビリテーション リハビリテーション部 理学療法士
医療法人仁寿会 石川病院 リハビリテーション部 理学療法士
神戸大学 医学部 保健学科 助手
吉備国際大学 保健科学部 助教授
吉備国際大学 保健科学部 教授
現職
学位 博士(保健学):神戸大学・院、 修士(教育学):佛教大学、院
資格 理学療法士

受験生のみなさんへ

理学療法士は、対象者の身体機能の向上を図り、生活の充実につなげていく支援を行う職業です。理学療法士の関わり方によって、対象者の生活が変わることもあります。とかく、理学療法士の教育においては、臨床実習が大変だと言われますが、臨床実習で何をどのように学ぶべきかという本質を考えた時には、そんなに難しいものではありません。大学での学びは、将来、対象者に理学療法を提供するための糧となるものです。社会に貢献できる人財をめざし、大いに学んで下さい。

研究テーマ

研究テーマは、「理学療法士教育」です。理学療法士の卒前・卒後教育ならびに生涯学習の充実が求められている。そのような社会情勢を受け、より高い臨床力を獲得するための臨床実習のあり方について取り組んでいます。理学療法士の職域に広がりを受け、褥瘡予防を中心に、施設入所要介護者の自立促進についても取り組んでいます。

  1. 1. 理学療法士の臨床教育
  2. 2. 褥瘡予防における理学療法