メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 理学療法学科

学科長あいさつ

リハビリテーションの理念をもち、多様な対象者に貢献しうる
理学療法士を育成する!

リハビリテーション学部
理学療法学科 学科長
日髙 正巳 教授
(地域理学療法学)

価値観の多様化、医療の高度化がみられる今日、理学療法士は多様な場面での活躍が求められており、状況に応じて高度で的確な判断を行い、想像力豊かに考えていくことが必要となります。また、医師・看護師・薬剤師などとともに多職種連携・協働ができなければなりません。そのためには、日々進歩する最新の知識や技術の修得を図るとともに、学び続ける努力が大切です。

本学理学療法学科では、確かな臨床スキルを修得し、理学療法学を発展させていくリーダーとしての素養を育んでいくことを目標として、経験豊かな教員が学生の学修を支援しています。“リハビリテーションマインドを持った理学療法士”に向かって、ぜひ、本学科において私たちとともに取り組んでいきましょう!