メニュー
閉じる

リハビリテーション学部理学療法学科

卒業時に受験可能な国家資格

理学療法士

医療総合大学で
「チーム医療人&身体ケアのプロ」をめざす

兵庫医科大学グループのスケールメリットを生かした高度で豊かな学習環境

4学科+医学部の学びで
チーム医療で活躍できる理学療法士に

今医療現場で求められている「チーム医療」では、医師や看護師などさまざまな医療専門職間の相互理解と、それぞれが専門性を発揮しながら協力し合う医療のカタチが不可欠。兵庫医療大学では、全学科+兵庫医科大学医学部の学生が合同で行うチュートリアル学習(少人数制のグループ学習)をとおして、「チーム医療」で活躍できる基礎を作ります。他学科生・医学部生と接する機会が多くあるので、「チーム医療」の現場で役立つ医療コミュニケーション力が自然と身につきます。

急性期から回復期まで多角的に
リハビリテーションを学べる

兵庫県で最大の病床数を誇り、災害拠点・救命救急・高度先進医療を担う、地域の中核的医療機関の病棟で体験実習を行うことができるのは、本学ならではの大きな強みです。運動器疾患や神経疾患だけでなく、集中治療室(ICU)の重症患者さんへの急性期対応や、トップアスリートのケアを手がけるトレーナーによるスポーツ理学療法など、リハビリテーションについて幅広く学ぶことができます。

リハビリテーションとは?

病気やけがなどによって身体能力や機能が低下した状態を改善するための「働きかけ」をリハビリテーションといいます。ストレッチや筋肉トレーニング、物理療法、工芸やレクリエーションなどをとおして、その人がもともと持っていた心身の状態に近づけることを目的としています。

理学療法士と
作業療法士のちがい

病気や事故などで心身に障がいを負った人に対し、身体的・精神的な側面からサポートする、「リハビリテーションのスペシャリスト」である、理学療法士と作業療法士。どちらも機能回復へ導くという点で学びの分野が似ているところもありますが、「理学療法」には機械を使用する物理療法が含まれ、「作業療法」には精神や発達・老齢期の障がい分野も加わるため「こころ」を重視する傾向があります。

理学療法士(Physical Therapist)

歩く・立つ・座るなど
基本的な身体動作を回復へ導く

主に「歩く」「立つ」「座る」といった基本的な身体動作を、機械を用いた物理療法や運動療法などのリハビリテーションを行いながら機能回復へと導きます。

作業療法士(Occupational Therapist)

日常的な動作を改善させて
社会復帰をサポート

陶芸や織物、レクリエーションなどの活動をとおして、筋肉の増強や心身の緊張緩和を促します。「爪を切る」「歯を磨く」などの細かな動作を回復させて社会復帰を支えます。

学びの特長

POINT1

学び合いができる
アットホームな環境

1学年40名という少人数教育のため、学年を越えた学び合いが充実。理学療法士として活躍している卒業生が来校し、現場での体験をフィードバックする勉強会も行っています。動画を見ながら症例を検証したり、実例をもとにロールプレイングを行ったり、医療現場の「今」に即した学習が可能です。

POINT2

日本代表フィジオから学ぶ
スポーツ理学療法

ホッケー日本代表のフィジオ(トレーナー)としてオリンピックなどの国際大会にも帯同する、スポーツ理学療法のスペシャリストが教員として複数在籍。また、車いすテニスの元パラリンピック選手による特別講義など、臨場感のある貴重なプログラムが多数。

POINT3

充実した実習・研究施設

1年次の早期臨床体験実習などを兵庫医科大学病院の医療現場で行うため、さまざまな患者さんに接することができます。また、学内実習施設には臨床場面で使われている最新機器が備えられており、実際の医療現場に近い環境で知識・技術を磨くことができます。

4年間の学び

1年次

チーム医療を意識しながら土台づくり

他学科や兵庫医科大学医学部との合同学習をとおして、「チーム医療」で活躍できる医療人としての基礎を固めます。

2年次

実技の練習を重ねて専門技術を学ぶ

学生同士で練習しながら治療手技を身につけます。また、兵庫医科大学病院の実習では実際に患者さんを受け持ち、実践力やコミュニケーション能力を身につけます。

3年次

専門性を高めて実践スキルを磨く

病院などの医療現場で実習を行い、実践力を高めます。

4年次

チーム医療での活躍を目標に学びを集大成

医療現場で即戦力となることをめざして、知識と技術をまとめ上げ、「チーム医療」への対応力を強化します。

理学療法士国家試験 受験 理学療法士国家試験 合格率:100.0%(全国平均96.3%)

就職・進学

在学生からのメッセージ
「チーム医療科目」で学ぶ内容は評価実習や臨床現場に欠かせないものです

リハビリテーション学部
理学療法学科 3年次生
冨士川 雄也(兵庫県立 網干高等学校 出身)

3年次からの長期実習において実際の患者さんを評価するためには、他の医療専門職との情報連携が不可欠です。看護師からは患者さんの病棟での活動状況などを、作業療法士からは上肢のリハビリテーションの内容などを提供してもらいます。1年次から「チーム医療」の重要性を学べることは、臨床現場においてとても有益だと感じます。

卒業後の進路

卒業生の就職率100%!
兵庫医科大学病院をはじめとした
約120病院との就職連携

同一法人の兵庫医科大学病院に強い就職パイプがあり、病院勤務をめざす人に最適な環境が整っています。また、兵庫・大阪・京都の約120の医療機関が加入する「学校法人 兵庫医科大学 連携病院の会」の会員病院が約50(※1)も参加し、本学学生のためだけに合同病院説明会を開催するなど、スケールメリットを生かしたキャリアサポートが可能です。

  • ※12016年度実績
夢を叶えた先輩からのメッセージ
「チーム医療」の実践的な学びは、
国内はもちろん海外での医療活動にも欠かすことのできないものでした。

井木 つかさ (2011年3月 リハビリテーション学部 理学療法学科 卒業) 【2014年10月から2016年10月 青年海外協力隊としてモンゴルに派遣】

理学療法士には国際貢献という進路があります。私自身、過去に国際貢献としてモンゴルで協力活動に従事しましたが、「チーム医療」がまだ根付いていない状況下でも、治療の内容・身体状況などの情報を共有することで、患者さん一人ひとりによりよい医療を提供することができました。兵庫医療大学の「チーム医療」の学びが、こうした体制づくりに生かせたと思います。

授業紹介

スポーツ理学療法学演習(4年次)

プロスポーツ選手を支えるトレーナーによる講義も

スポーツや事故でおきた骨折や捻挫などに対する理学療法を学びます。アスレティックリハビリテーションなど理学療法士の仕事の幅広さを実感できます。

チーム医療論演習(4年次)

医学部との本格的な合同チュートリアル

症状を記したシナリオをもとに、4学科+兵庫医科大学医学部の学生が1組になり、各自の専門性を発揮しながら協力し合って治療・ケアの方針を考えます。