メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 学科長

山田 大豪 (やまだ たいごう)

■担当科目/作業療法学概論Ⅰ、精神障害評価学、精神障害治療学Ⅰなど

学歴 神戸大学 医療技術短期大学部 卒業
大阪教育大学大学院 教育学研究科 修士課程 修了
職歴 神戸大学 助手
広島県立保健福祉大学 助教授
県立広島大学 教授
県立広島大学大学院 総合学術研究科 教授
現職
学位 博士(医学):神戸大学  修士(学術):大阪教育大学 
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

作業療法は、作業活動を用いて心や体に働きかける科学的・専門的職業です。大学4年間で、疾患や障がいがある人の治療に必要な知識や技術を幅広く学習します。とくに、作業療法では、対人関係を基礎に治療が展開していくため、「人として」、「医療を学ぶ学生として」、「作業療法士として」、というテーマは重要です。これらのテーマは、演習や臨床実習を通して、理解し、体験し、身に着けていくことになります。これらは臨床において、個々人の多様な特性を尊重することに繋がっていきます。

研究テーマ

研究テーマは、1.「精神に障害をもつ人の主観的ウェルビーイングが社会生活に及ぼす影響に関する研究」です。主観的ウェルビーイング は、「良く在るこ と」、「良好な状態」を意味し、「幸福」、「安寧」などと訳されます。入院中の人と、社会で生活している人とでは、主観的ウェルビーイングに違いがあるようです。もう一つは、2.「作業療法での関わり方の違いが精神機能や自律神経機能に与える影響」です。健常人を対象にした場合、受容して、的確にフィードバックすると、精神機能や自律神経系に良い影響を与えるようです。今後は、精神に障害をもつ人で、調査・研究していきます。

  1. 1. 精神障害者の主観的ウェルビーイングに関する研究
  2. 2. 自律神経機能評価を用いた作業療法プログラムの有用性に関する研究