メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部 作業療法学科 助教

奥谷 研(おくたに けん)

■担当科目/精神障害治療学Ⅱ、作業活動学実習Ⅱなど

学歴 神戸総合医療介護福祉専門学校 作業療法士科 卒業
花園大学 文学部史学科 卒業
兵庫医療大学 医療科学研究科医療科学専攻 修士課程 修了
職歴 兵庫医科大学病院
松江医療福祉専門学校
現職
学位 修士(医療科学):兵庫医療大学・院
資格 作業療法士、中学校教諭第1種免許状 社会科

受験生の皆さんへ

"作業療法士として大切な事の中に、対象となる人々の今までの生活や価値観を大切にし、社会生活に復帰したい気持ちを支える事があります。その気持ちを支えるには、知識、技術を繰り返し学ぶことが必要になります。講義の中では、私も学生さんと一緒に考える機会が持てるので、新たに発見したり悩んだりする機会もたくさんあると思います。人と関わる職業であるからこそ、楽しいだけではなく、難しい事もたくさんあります。楽しいことは更に楽しく、難しい事に対しても、解決することの楽しさに気付いていけるように、自分 の実感を大切にしながら、共に学んで行きましょう。 "

研究テーマ

現在の精神医療福祉において、入院医療中心から地域生活中心へ移行しています。入院患者の早期退院と退院を促進させる地域生活支援システムの充実が求められる中で作業療法士としての役割はどのような事が考えられるのかを検討していく必要があると思われます。精神科入院患者の退院意識と関連要因を考慮した作業療法プログラムの立案と実施に関する研究や作業療法プログラムでの介入方法の違いが精神機能や自律神経機能に与える影響を評価・検討することで作業療法プログラムの有用性について研究しています。

  1. 1. 退院促進に寄与する作業療法プログラムを立案するための精神科入院患者の退院意識とその関連要因分析
  2. 2. 作業療法プログラムでの教授方法の違いが精神機能や自律神経機能に与える影響
  3. 3. 学生のストレスコーピングと演習形式の授業との関連性について