メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 准教授

伊藤 斉子(いとう まさこ)

■担当科目/作業療法学概論Ⅱ、発達機能評価学、作業療法管理学、作業科学など

学歴 北海道大学 医療技術短期大学部 作業療法学科 卒業
慶應義塾大学 文学部 卒業
長崎大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 障害児教育学コース 修了
神戸大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 博士後期課程 修了
職歴 北海道立 身体障害者リハビリテーションセンター 作業療法士
長崎大学 医療技術短期大学部 作業療法学科 助手
学校法人福田学園 大阪リハビリテーション専門学校 教員
現職
学位 学士(人間関係学):慶應義塾大学、修士(教育学):長崎大学・院、博士(保健学):神戸大学・院
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

障碍をもつと「あれができない。これができない」と人は落ち込みます。すぐには、リハビリテーションに取り組めないことも少なくありません。作業療法では人がその障碍を受け入れてリハビリテーションに取り組めるようにする精神心理的な支援から、そして、その人の希望に合わせて、様々な身体的な支援へと展開できる、素晴らしい仕事です。その人の新しい人生・新しい生き方の創造に関われるように、一緒に、作業や作業療法について考えてゆきましょう。

研究テーマ

 

  1. 1. 高機能広汎性発達障害(HFPDD:高機能自閉症とアスペルガー症候群等)の支援に関する研究。特に、「心の理論」の発達について研究しています。
  2. 2. 高齢化によるコミュニテイの課題を解決するために、元気な高齢者を対象として、人々の健康長寿達成のために、いけ花・疾病予防教育・学生との交流会を用いた健康増進プログラムの開発と実践を行っています。
  3. 3. 丹波篠山圏域在住高齢者における生活習慣とフレイルに関する研究。農村部在住高齢者のQOLに資する要因を、兵庫医大の研究チームと学際的に検討を進めています。