メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 准教授

佐野 恭子(さの きょうこ)

■担当科目/身体障害評価学、作業療法評価学実習、身体障害治療学Ⅰ、身体障害治療学演習Ⅰ、作業療法症例演習、基礎臨床実習など

学歴 筑波大学 第二学群(人間学類) 卒業
国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院 作業療法学科 卒業
武庫川女子大学大学院 臨床教育学研究科 修士課程 修了
武庫川女子大学大学院 臨床教育学研究科 博士課程 修了
職歴 江戸川病院高砂分院 リハビリテーション科 作業療法士
兵庫医科大学病院 リハビリテーション部 作業療法士
同 副主任技士
北大阪けいさつ病院 作業療法科 課長
兵庫医療大学 リハビリテーション学部 作業療法学科 講師
学位 博士(臨床教育学):武庫川女子大学・院
資格 作業療法士、認定作業療法士

受験生の皆さんへ

作業療法は、理学療法や言語聴覚療法とともにリハビリテーションを担う医療専門職です。病気やけがにより生じた日常生活上の問題に対して、身体的側面、精神的側面、心理・社会的側面から幅広く評価・解釈を行い、さまざまな作業活動を用いて患者さんをサポートします。患者さん一人ひとりの気持ちや暮らしに深く携わることのできる作業療法は、対人援助のあり方をまさに体現する仕事であり、きっと、皆さんを人間的に大きく成長させてくれると思います。

研究テーマ

「高次脳機能障害者(主に脳外傷による)と家族に対する作業療法支援」を1つの大きなテーマに掲げています。現在は主に“認知コミュニケーション障害”に着目し、さまざまな方法を用いてその特徴を調べています。

  1. 1. 認知コミュニケーション障害の評価と作業療法アプローチ
  2. 3. 高次脳機能障害者の語りの分析
  3. 4. 高次脳機能障害者と家族に対するコミュニケーション支援
  4. 5. 高次脳機能障害(特に脳外傷後遺症)に対する作業療法