メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 講師

平上 尚吾(ひらがみ しょうご)

■担当科目/作業療法評価学、リハビリテーション評価学実習、作業療法研究法など

学歴 吉備国際大学 保健科学部 作業療法学科卒業
岡山県立大学大学院 保健福祉学研究科 博士前期課程 修了
岡山県立大学大学院 保健福祉学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
職歴 倉敷リハビリテーション病院 リハビリテーション部 作業療法士
吉備国際大学 保健福祉研究所 準研究員
現職
学位 博士(保健福祉学):岡山県立大学大学院
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

作業療法士は、対象者の生活と人生を再び豊かなものにするために様々な作業活動や手段を用いてアプローチします。大学は学びの場でもありますが、多くの人との出会いがある場でもあります。大学では医療に関わる基礎知識や作業療法の専門的知識だけではなく、縁ある多くの人との交流を通して、対象者の生活と人生に寄り添えるような人間力を培ってもらいたいと考えています。

研究テーマ

私は脳卒中患者を主な対象として、手の麻痺を改善させるための視覚的イメージ訓練の効果、トイレ動作などの日常行為中の姿勢制御、および身体活動量などを研究テーマとしています。これらの研究を通して、医療現場における効果的な訓練プログラムや的確な目標設定の立案に貢献したいと考えています。