メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 講師

坂本 浩(さかもと ひろし)

■担当科目/社会生活技能論、福祉機器論、職業生活援助論

学歴 川崎リハビリテーション学院 卒業
放送大学 教養学部 発達と教育専攻 卒業
兵庫医療大学大学院 医療科学研究科 修士課程 修了 
職歴 青森労災病院 作業療法士
加古川市立つつじ療育園 作業療法士
藤田保健衛生大学 七栗サナトリウム 作業療法士
藤田保健衛生大学 リハビリテーション専門学校 専任教員
藤田保健衛生大学 衛生学部 リハビリテーション学科 准教授 
現職
学位 修士(医療科学):兵庫医療大学大学院
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

作業療法のアプローチする範囲は「生きる」、「仕事・生産的活動」、「遊び」と、生活に密接に関わっています。しかし、ただ漫然と何かをするだけではなく、その活動の根拠が求められます。近年、精神科領域では認知行動療法や学習理論をベースとしたアプローチが多職種とチームを組んで行われ、成果をあげています。当事者や家族の生活に深く関わることのできる作業療法士の役割は非常に大きいものがあります。しかし、まだまだ課題は多く、フロンティア・スピリットの生かせる分野と言えます。

研究テーマ

認知行動療法のひとつである「社会生活技能訓練」について、精神科病院での実践を通して研究をしています。特に、内的動機づけ(やる気)と関連する当事者の主観的内容について研究しています。また、2016年から、一般社団法人SST普及協会のガイドラインの作成に研究協力者として関わっています。

  1. 1. 社会生活技能訓練が統合失調症者の主観的内容に与える影響
  2. 2. 社会生活技能訓練における内的動機づけを高める工夫について(共同研究)
  3. 3. 社会生活技能訓練における振り返りファイルの検討(共同研究)
  4. 4. 統合失調症者の主観的内容と認知機能との関連(共同研究)
  5. 5. 統合失調症者の時間軸に関する考察