メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 講師

清水 大輔(しみず だいすけ)

■担当科目/老年期治療学、地域作業療法学、地域作業療法学演習

学歴 大阪リハビリテーション専門学校 作業療法学科卒業
高知大学大学院 医学系研究科 修士課程 修了
神戸大学大学院 保健学研究科 博士課程修了
職歴 医療法人新松田会愛宕病院リハビリテーション科
医療法人朗源会おおくまリハビリテーション病院
学校法人福田学園大阪保健医療大学 助教
学校法人福田学園大阪保健医療大学 講師
現職
学位 博士(保健学):神戸大学・院
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

作業療法士の仕事は、対象者の社会生活に直結します。社会で生活している人は、1人として同じ人生を歩んでいません。作業療法士は、その人だけでなく、その人の家族も含めて、その人たちが暮らしている地域で少しでも充実した生活をおくれるように支援します。そのためには、焦らずに、諦めずに、やりに抜くことが重要です。対象者の真意を見極めて、考える作業療法を一緒に学びましょう。

研究テーマ

"在宅生活を送っている高次脳機能障害者の社会生活支援をテーマに研究しています。「みえない障害」と言われている高次脳機能障害は、当事者だけではなく、周囲の家族や支援者も対応に困ることが多いです。専門職がみえない障害を意識してみることで、少しでも当事者や周囲の人たちの生活が良いものになるような方法を実践しながら研究しています。 "

  1. 1. 高次動作性障害(失行症等)の介入研究