メニュー
閉じる
リハビリテーション学部 作業療法学科

教員紹介

リハビリテーション学部作業療法学科 准教授

有吉 正則(ありよし まさのり)

■担当科目/運動発達論、発達障害治療学、発達障害治療学演習など

学歴 京都大学 医療技術短期大学部 卒業
東京都立保健科学大学大学院 保健科学研究科 修士課程 修了
東京都立保健科学大学大学院 障害者地域参加支援学 博士課程 研究生終了
職歴 大阪市更生療育センター 作業療法士
学校法人モード学園 大阪医専 専任教員
学校法人敬心学園 日本リハビリテーション専門学校 専任教員
学校法人兵庫医科大学 兵庫医療大学  講師
現職
学位 博士(作業療法学):首都大学東京・院
資格 作業療法士

受験生の皆さんへ

「生きるために医学が、人生をよりよく過ごすために作業療法が始まった」 と言われています。生産活動を通した創造の喜び、レジャー活動がもたらす癒しのひととき、努力を重ね自分が望む役割や居場所を得られたときの満足感、このように私たちの人生を彩るにふさわしい出来事はすべて作業活動を通してもたらされています。作業療法士は,作業活動を行っている状態を分析し、問題点があればその解決策を提案するエキスパートとして、対象者の方の想い(こころ)と作業を行う能力(運動能力と脳が司る情報処理能力)に焦点をあてた問題分析を行います。あなたも是非、生活に密着しながら人生をよりよく過ごす方法を考える作業療法学を学ぶ面白さを体感してみて下さい。

研究テーマ

研究テーマは、「発達にハンディキャップをもつお子さんに対する医療・福祉・教育サービスとそのご家族に対する支援サービスの検討と開発」です。私が現在取り組んでいる研究活動は、発達障害児とそのご家族が自信を取り戻す(エンパワメント)過程を体系化し、生涯発達という観点から家族全体の社会における活動と参加を支援するための作業療法の確立をめざして研究しています。

  1. 1. 乳幼児期の発達支援サービスの開発
  2. 2. 特別支援教育プログラムの開発
  3. 3. 障碍者自立支援プログラムの開発
  4. 4. 高齢期の健康増進プログラムの開発