メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 助手

関 まどか (せき まどか)

■担当科目/衛生薬学実習、生物薬学実習など

学歴 兵庫医療大学 薬学部 卒業
職歴 兵庫医療大学 助手
現職
学位
資格 薬剤師

受験生の皆さんへ

私は本学の卒業生です。本学の薬学部でたくさんの人と出会い、多くのことを学びました。 様々な分野の学問を習得しなければならない薬学部の勉強は大変ですが、人間的に大きく成長できると思います。

研究テーマ

薬物による毒性発現機序に膜タンパク質がどのように関わっているのかを研究しています。 「くすりは病気の症状やQOLを改善してくれるもの」そう捉えているひとが多いのではないでしょうか。 しかし、薬には副作用という目的とは違った作用が現れるがことがあります。それが薬をたくさん飲み過ぎて起こることもあれば、薬の飲み合わせが原因で起こることもありますが、中には未だに原因が全くわからない副作用も多くあります。 この研究を通して、薬物の副作用発現機序の解明に少しでも貢献し、病気で苦しむ患者さんの良好な薬物治療につながればと思っています。

  1. 1. cDNAサブトラクション法による薬物有害反応関連遺伝子の同定
  2. 2. 薬物トランスポーターによる薬物有害反応に関する研究
  3. 3. ギャップ結合による薬物有害反応に関する研究