メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 教授

西山 信好(にしやま のぶよし)

■担当科目/新・薬学入門Ⅰ、薬理学実習、薬剤経済学、薬事関係法規・制度、機能食品学、ライフステージ対応薬物治療学など

学歴 東京大学 薬学部 卒業
東京大学大学院 薬学系研究科 修士課程 修了
東京大学大学院 薬学系研究科 博士課程 修了
職歴 東京大学大学院 薬学系研究科 助手
東京大学大学院 薬学系研究科 助教授
兵庫医科大学 大学設置準備室 主幹
兵庫医科大学 医学部 客員教授
現職
学位 博士(薬学):東京大学・院
資格 薬剤師

受験生の皆さんへ

薬学部を志望する生徒の諸君の大半は、将来は薬剤師として活躍することを希望しているものと思います。薬剤師は「くすり」のエキスパートであると同時に「病気そのもの」や、「病気にかかった人たち(患者)」、そして「患者を取り巻く社会制度」についても十分に理解していることが期待されています。 → つまり、薬学で学ぶことは、これまで以上に拡大しています。 さらに、刻々と新たな医薬品が開発され、あるいは、使用されなくなっている医療現場では、知らなければいけない情報が毎日更新されています。 → つまり、学生時代に学んだ知識や技術だけでは、すぐに時代遅れになってしまいます。 薬剤師として働くからには一生涯勉強し続ける覚悟が必要となりますので、ぜひ兵庫医療大学で、私たちと一緒に、勉強する方法と習慣を身につけてください。

研究テーマ

  1. 1. 薬物や医薬品がなぜ薬効を発現するのかを解明すること
  2. 2. 薬物や医薬品がなぜ副作用をもたらすのかを明らかにすること
  3. 3. 神経細胞が死ぬメガニズムを解き明かにすることで、神経難病や脳卒中などから神経細胞を守る方法や薬物を探り当てること
  4. 4. 治療法のない脳神経系の病気の原因を明らかにし、治癒方法を開発すること