メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 教授

前田 拓也(まえだ たくや)

■担当科目/衛生化学Ⅰ、衛生化学Ⅱ、新・衛生薬学実習、新・薬学入門Ⅱなど

学歴 大阪府立大学 工学部 卒業
大阪府立大学大学院 農学研究科 博士前期課程 修了
大阪大学大学院 工学研究科 博士後期課程 修了
職歴 大阪府立工業高等専門学校 工業化学科 講師
徳島大学 工学部 助手
兵庫医療大学 薬学部 准教授
兵庫医療大学大学院 薬学研究科 准教授
現職
学位 博士(工学):大阪大学大学院

受験生の皆さんへ

医学や科学技術が進歩した現代においても、いまだに微生物感染症や微生物汚染・微生物劣化による微生物災害が問題化することが多く、対策が急務となっています。そのような問題の解決を図るのも、薬剤師の重要な任務の一つです。特に食品衛生管理、環境衛生管理、感染症対策・治療などの分野では、大学の薬学部で修得する微生物学や衛生化学などの知識や技能が重要です。病気の治療、予防、健康増進から環境保全まで、広く学問の対象とする薬学の世界で一緒にがんばりましょう。

研究テーマ

私は、「細菌の薬剤ストレス応答、薬剤耐性化メカニズムの解明」と「環境調和型微生物制御システムの確立」をテーマとし、研究を進めています。近年問題化している微生物感染症や微生物災害の対策へのアプローチとして、前者の研究から重要な情報を得ることができます。さらにその情報を基にして、後者の研究では、薬剤耐性菌を出現させず、地球環境や生態系にも優しい環境調和型の微生物制御システムの開発をめざしています。

  1. 1. 殺菌剤耐性菌と殺菌剤ストレス応答に関する研究
  2. 2. 空中浮遊菌の制御に関する研究
  3. 3. 介護器具等の新規消毒・消臭システムの開発に関する研究