メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 講師

塚本 効司(つかもと こうじ)

■担当科目/新・分析化学IV、最先端機器分析科学

学歴 大阪大学 薬学部 卒業
大阪大学大学院 薬学研究科 博士前期課程 修了
大阪大学大学院 薬学研究科 博士後期課程 修了
職歴 兵庫医療大学薬学部 助教
現職
学位 博士(薬学):大阪大・院
資格 薬剤師

受験生のみなさんへ

薬学はさまざまな分野の科学が織り交ざった、非常に学ぶことの多い学問です。幅広い知識や考え方を身につけることができ、自分自身を大きく成長させてくれるものと思います。

研究テーマ

現在の研究テーマは、目に見えない微量な生体分子や有害な金属イオンなどを発光させて目に見えるようにする「蛍光プローブ」というものを開発することです。これにより、生体にとって重要な分子の役割を解明できたり、有害物質を簡単に検出できたりするようになるといいなと思っています。