メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 教授

清宮 健一(きよみや けんいち)

■担当科目/毒性学、医薬品安全性学、新・衛生薬学実習、ペット医薬品学など

学歴 北里大学 薬学部 卒業
北里大学 大学院 薬学研究科 修士課程 修了
職歴 明治製菓(株)薬品総合研究所 研究員
大阪府立大学 農学部 獣医学科 助手
大阪府立大学 生物資源開発センター 支援教員(兼務)
大阪府立大学 大学院 農学生命科学研究科 講師
大阪府立大学 大学院 農学生命科学研究科 助教授
米国 ジョージタウン大学 ロンバルディ統合がん研究所 客員研究員
学位 博士(獣医学):大阪府立大学・院
資格 薬剤師

受験生の皆さんへ

失敗を恐れずに,いろいろな事にチャレンジしてみて下さい.そして,失敗したことは何とか克服するように努力して下さい.この繰返しが,確実に自分の知識・技能になり,さまざまな問題を自己で解決できる能力へと発展します.医療、創薬、研究などの分野では問題解決能力も大切な能力の一つです.がんばって下さい.

研究テーマ

くすりの毒性や疾患の発現を抑制することを目的に「くすりの毒性や疾患の発現に関わる標的分子の探索とその機能制御による毒性の軽減法や疾患予防法の確立」,「細胞膜上のトランスポーターによる物質移動や細胞間のギャップ結合による細胞間連絡とくすりの毒性や疾患の発現との関連」をテーマに研究しています. 研究成果はヒトでの臨床応用を最終目的としていますので,実験系はヒトへの外挿が容易で,シンプルかつ再現性が高いものを用いるよう,常に心掛けています.

  1. 1. 薬物誘発・横紋筋融解症の発現機序
  2. 2. 薬物誘発・横紋筋融解症の予防法
  3. 3. ナノマテリアルの細胞毒性発現メカニズムの解析とリスク評価法の開発