メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 准教授

髙良 恒史(たから こうじ)

■担当科目/製剤学、薬剤・調剤学実習など

学歴 京都薬科大学 薬学部 卒業
京都薬科大学大学院 薬学研究科 修士課程(医療薬学コース) 修了
神戸大学大学院 医学研究科 博士課程 修了
職歴 京都薬科大学 助手
京都薬科大学 講師
姫路獨協大学 准教授
姫路獨協大学 教授
現職
学位 博士(医学):神戸大学
資格 薬剤師

受験生の皆さんへ

”くすり”を逆から読むと、”リスク”ですね。薬は、病気を治すためや病気の発見のために使われますが、その使い方を誤るとせっかくの優れた薬も台無しです。薬剤師は薬の専門家として、薬の調剤や服薬説明だけでなく、世の中に登場してきた薬を、より安全に、より効果的に使えるよう、医療の現場で薬を育てていくことも薬剤師の使命です。薬を育てる力を身につけて、患者さんのため、医療のために貢献する薬剤師を一緒に目指しませんか。

研究テーマ

がんの薬物療法(いわゆる化学療法)では、がん細胞が抗がん剤に対して抵抗性を示す現象(耐性)が認められ、臨床上の重要な課題の一つになっています。これらを解決するために、抗がん剤に対する耐性化のメカニズムを解析したり、耐性化の回復方法について研究しています。また、抗がん剤の効き具合に影響する因子についても検討し、より安全で効果的な抗がん剤の使い方について研究しています。

  1. 1. 抗がん剤耐性がん細胞の樹立
  2. 2. 抗がん剤耐性獲得機構の解明
  3. 3. 抗がん剤感受性因子の探索