メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 助教

萩原 加奈子(はぎはら かなこ)

■担当科目/衛生化学Ⅰ、衛生化学Ⅱ、新・衛生薬学実習、新・薬学入門Ⅱなど

学歴 近畿大学 薬学部 卒業
近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士前期課程 修了
近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士後期課程 修了
職歴 日本学術振興会特別研究員
公立大学法人 名古屋市立大学大学院 医学研究科 博士研究員
近畿大学 薬学部 博士研究員
現職
学位 博士(薬学):近畿大学・院
資格 薬剤師

受験生の皆さんへ

薬剤師の主な業務は、医師や看護師などの他の医療従事者と共に、患者さんの病気の治療や予防、健康増進に寄与することであり、非常にやりがいのある仕事です。その他、食品衛生や環境衛生などに関わる業務もあり、仕事の幅が非常に広いので、やりたいことがきっと見つかると思います。ぜひ薬剤師になるという皆さんの夢をお手伝いさせてください。

研究テーマ

私は、これまで「分裂酵母モデルシステム」を用い、ゲノム薬理学とケミカルバイオロジーを駆使したアプローチにより、多発性硬化症に対する経口治療薬FTY720の新たな細胞内シグナル伝達機構の解明に関する研究を行ってきました。今後、得られた知見を基に、新たな抗真菌薬の探索、抗真菌薬に対するストレス応答や耐性機構の解明などに取り組んでいきたいと思っております。また、新たなテーマとして、抗真菌剤を用いた環境衛生管理に関する研究も進めていきます。

  1. 1.新規抗真菌薬の探索に関する研究
  2. 2.抗真菌薬に対するストレス応答や耐性機構の解明に関する研究
  3. 3.抗真菌剤を用いた環境衛生管理に関する研究