メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 講師

吉岡 英斗(よしおか えいと)

■担当科目/新・有機化学実習、新・天然薬物学実習など

学歴 大阪大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
大阪大学大学院 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
大阪大学大学院 薬学研究科 博士課程修了 博士(薬学)
職歴 大阪大学大学院薬学研究科 特別研究員
大阪市立大学大学院医学研究科 システム神経科学分野 研究員
(独)理化学研究所 分子イメージング研究プログラム 研究員
兵庫医療大学 薬学部 助教
現職
学位 博士(薬学):大阪大学大学院薬学研究科
資格 薬剤師、初級システムアドミニストレータ、第1種放射線取扱主任者(合格)

受験生のみなさんへ

薬学は、薬の種を医薬品として育て上げ世に出すまでに必要な物理的・化学的性質や生物学的な仕組み、薬理学的な相互作用など幅広い知識を学ぶところです。そして、これらの知識は、決して独立したものではなく相互に理解すべきものです。 私は有機化学を専門としていますが、この知識をもとにすれば、「この医薬品がプロドラッグとして働くのはここが酸化・還元されるため/加水分解されるため」とか「この医薬品はあの生体成分を模倣して機能する」「この医薬品はここが水素結合/共有結合することで薬理作用を示す」などが分かるようになると思います。専門だけに囚われることなく、研究や実習を通して「薬学という学問を身に付けて貰う、問題解決に当たって貰う」という姿勢で取り組んでいます。学生のみなさんも専門的かつ多角的に学び、社会で活躍できるよう頑張ってください。

研究テーマ

不安定な化学種として、ベンザインやラジカルを活用した新しい有機合成法を開拓し、生物活性物質の合成に展開しています。 これらの化学種を用いた反応は、一般的に予想される挙動とは異なる結果を示すこともあります。それらを計算化学なども利用して解明しつつ、薬の種となる生物活性物質の合成に繋げていくように研究しています。