メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 講師

三浦 大作(みうら だいさく)

■担当科目/新・生物化学I、アドバンスド生物化学、薬学英語など

学歴 大阪府立大学 農学部 獣医学科 卒業
職歴 (財)食品農医薬品安全性評価センター 研究員
兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 助手
兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 助教
兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 講師
現職
学位 博士(医学):杏林大学
資格 獣医師

受験生の皆さんへ

高校では、「生物の共通性と多様性」について学んでいることと思います。薬のターゲットとしては、ヒトだけでなく、動物、さらには細菌やウイルスが含まれます。大学の薬学部では、生物の共通性と多様性について、さらに深く学び、薬剤師として必要な知識と技術を習得していきます。

研究テーマ

私の研究テーマは、「組織内薬物輸送機構の解明」です。薬が適切に効果を発揮するためには、薬が体を構成する細胞に行き渡ることが必要です。薬がどのような経路で細胞の中に入って行き渡り、また外に出て行くのかを、薬物トランスポーターやギャップ結合という細胞膜にあるタンパク質に焦点を当てて研究しています。

  1. 1. トランスポーターの基質特異性を利用したギャップ結合輸送物質の特定
  2. 2. cDNAサブトラクション法による薬物有害事象発現機序の解明