メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 助教

村上 雅裕(むらかみ まさひろ)

■担当科目/実務実習事前学習、病院実務実習、薬局実務実習

学歴 近畿大学薬学部 卒業
近畿大学大学院薬学研究科 修士課程 修了(社会人)
近畿大学大学院薬学研究科 博士後期課程 修了(社会人)
職歴 株式会社加美乃素本舗 開発研究部
保険調剤薬局
兵庫医科大学病院薬剤部
現職
学位 博士(薬科学):近畿大・院
資格 薬剤師、衛生検査技師

受験生の皆さんへ

近年、薬剤師の業務内容は、「対物(薬)業務から対人業務」へと大きく変化しています。また、患者さんとのコミュニケーションだけではなく、医師や看護師など他の医療スタッフと連携して、薬剤師としての職能を発揮することが求められています。本学は、チーム医療教育が充実しており、コミュニケーション能力を向上させるためには十分な環境が整っています。薬剤師に必要な知識・技能・態度を身に付けるために、一緒に学びましょう。

研究テーマ

研究テーマは、「亜鉛と疾患に関する研究」です。亜鉛は、生体の恒常性を維持するために必要な必須微量元素であり、亜鉛が不足すると創傷治癒の遅延や味覚障害、認知機能障害などさまざまな症状が生じることが知られています。私は現在、亜鉛と認知機能の関連について研究を行っています。また、がん治療に伴う口腔粘膜炎に対する亜鉛の治癒促進効果についても研究を行っています。その他、セルフメディケーションの推進を目的とした要指導医薬品や一般用医薬品の製剤学的評価に関する研究も行っています。