メニュー
閉じる
薬学部

教員紹介

薬学部医療薬学科 助教

是金 敦子(これかね あつこ)

■担当科目/生物薬学実習、チュートリアル、糖鎖創薬学、研究実習、研究研修、薬局実務実習、病院実務実習、新生物化学Ⅱ、新生物化学Ⅲ、新薬学入門Ⅱ、 新・生理解剖学実習

学歴 岡山大学大学院 工学研究科 修士課程 修了
大阪大学大学院 医学系研究科 博士課程 修了
職歴 日本学術振興会特別研究員(DC2)
大阪大学大学院医学系研究科研究員
大阪大学大学院医学系研究科科学技術振興特任教員
大阪大学大学院医学系研究科特任研究員
バイオテクノロジー開発技術研究組合契約研究員
現職
学位 博士(医学):大阪大学・院

受験生の皆さんへ

兵庫医療大学 薬学部は薬の専門家になりたい人が学ぶ場です。 まずは薬が生体内でどう働くか知るために、様々な科目を学んで、知識を積み上げていきます。さらに、場面ごとに最適な薬を提案できるよう、薬の周辺知識も学びます。実習では薬剤師、医師や他の医療スタッフだけでなく、実際に薬を使う患者さんとも出会います。そして人対人の会話を通じて、多くのことを学びます。卒後は薬剤師、MR、研究者、CRC、公務員など、多岐にわたる道で薬の専門家として活躍することになります。 今、受験生のみなさんの中にも進路に迷っている人がいると思います。自分の将来を過去の成績だけで決めないでください。自分のやりたい道に進みましょう。私たちは薬の専門家をめざす人を歓迎します。

研究テーマ

生化学は、生体を構成分子のレベルまで分析して、複雑な生命現象を生体分子が関与する化学反応の組み合わせと解釈する学問です。私はその一分野として糖鎖研究に携わってきました。この分野では、DNAからのタンパク質合成だけでは説明しきれないタンパク質の機能発現を、「翻訳後修飾」という目線で見つめ直してゆきます。この機能発現は病気の原因になっていることもあり、この分野に入って、生体内反応の多様性とそれを引き起こす個々の分子の複雑なリンクに魅力を感じる様になりました。

  1. 1. 糖鎖改変EC-SODの機能解析