メニュー
閉じる
薬学部

研究分野紹介

基礎薬学分野(化学系)

「化学」は薬学の基本となる学問です。薬の基本性質を理解するため、物質の化学構造や物理的性質、相互反応などについて学びます。また、それらの知識をもとに、薬を化学合成したり、薬をうまく検出する技術を開発する研究を行っています。

  • 有機化学
  • 天然薬物学
  • 生体分析化学
  • 物理科学
塚本 効司 講師
(生体分析化学)

生命に関与する、目に見えない分子やイオンの“見える化”へ

ある特定の分子やイオンを光らせて「見える化」する、蛍光プローブという化合物を開発しています。それにより、生体内で重要な働きをしている化学物質がどこでどのように働いているかを直接見ることができるようになり、さまざまな生命現象を詳しく解明できる可能性があります。また、汚染物質を「見える化」する蛍光プローブを開発すれば、汚染された食品や水を簡単に見分けられるようになると期待され、食品管理や環境保全にも役に立つと考えています。

基礎薬学分野(生物系)

本分野では、「からだの成り立ちと仕組み」を学びます。ヒトの設計図である遺伝子や、からだの基本単位であるタンパク質の構造、細胞や組織の構造と働き、また異物からからだを守る仕組みなどを明らかにします。

  • 生化学
  • 生理学
  • 免疫学
大野 喜也 助教
(免疫学)

がんの分子機構を明らかにし、新しい治療薬の開発をめざす

がんは自分の周辺環境に積極的に働きかけて、がん細胞の増殖・転移を促進する環境や免疫を抑制する環境(がん微小環境といいます)を作り出します。がんとがん微小環境のコミュニケーションは実に緻密に調節され、がん微小環境はがん細胞の悪性化に必須の役割を担っています。私たちはがんとがん微小環境の間にある分子機構を明らかにし、それを遮断できる新しいがん治療薬の開発をめざしています。

衛生薬学分野

薬剤師として必要な公衆衛生上の知識・技術を学ぶ分野です。人の健康維持・増進と福祉の向上への貢献を目的として、栄養と健康、食品の安全性、疾病の予防に関する基本的知識や化学物質の検出と毒性を理解し、技能・態度を修得します。また、微生物の性状なども学びます。

  • 毒性学
  • 微生物学
  • 衛生科学

医療薬学分野

薬剤師は「薬の鉄人」でなければなりませんが、薬に関する知識をいくらたくさん持っていても、病気に関する知識がなければ、それを生かすことができません。医療薬学は、病気の原因・診断・治療について勉強し、薬の作用を病気と結びつけることで、薬の知識をどのようにして実際に患者さんに役立てていくかを学ぶ分野です。

  • 薬理学
  • 薬物動態学
  • 漢方医学
  • 薬物治療学
  • 薬剤学分野、製剤科学

臨床薬剤学分野

本分野では、実際に臨床現場で薬剤師として働くことを想定したときに必要な技術・知識を学びます。実際の医療現場におけるさまざまな課題・問題点を分析して改善方法を検討する研究や、薬剤師として医療に貢献できる人材教育の方法に関する研究などを行ったりしています。

  • 臨床薬学
  • 臨床薬理学
  • 調剤学
  • 医薬品情報学
  • 社会薬学
  • 臨床薬剤学

未来医療薬学分野

医学が進歩しても原因の分からない病気や、がん・アルツハイマー病のように現在ある薬では十分な治療が出来ない病気もたくさんあります。本分野では、世のなかにまだない薬を創る“創薬”をテーマに学びます。明日の医療を変える新薬創出をめざし、本学だけでなく、国内外の大学や製薬企業とも共同研究しています。

  • 先端医療薬剤学
  • 臨床ゲノム薬理学
  • 創薬化学
  • 薬物動態学