メニュー
閉じる
薬学部

よくある質問

どのような学生を求めていますか。
閉じる
詳しく見る

1.ヒトの命の価値を理解し、他者の立場を尊重し、思いやりと優しさをもって人にかかわることができる様な学生。
2.何事にも好奇心、疑問をもち、主体的に考えて問題解決しようとする様な学生。
3.将来医療専門職者となることをはっきりと自覚し、そのために努力する用意のある学生。
以上の様な学生をもとめています。

閉じる
卒業後兵庫医科大学病院に就職することは出来ますか。
閉じる
詳しく見る

求人があり、所定の審査に合格すれば兵庫医科大学病院への就職も可能です。ただし、この場合でも、薬剤師国家試験に合格していることが条件となります。

閉じる
卒業後の主な進路・就職先について教えてください。
閉じる
詳しく見る

6年間の教育を受けた学生は病院や薬局での薬剤師として活躍することに加えて、製薬企業、食品・化学品関連企業、保健衛生を担当する行政職への就職が考えられます。また、大学院博士課程に進学してさらに進んだ教育を受けることも可能です。

閉じる
取得できる資格について詳しく知りたいのですが。
閉じる
詳しく見る

薬学部医療薬学科を卒業すると下記の資格を取得できます。
薬剤師国家試験受験資格、薬種商販売業者、配置販売業者、衛生検査技師、毒物劇物取扱者、 医薬部外品・化粧品又は医療用具製造所(輸入販売所)の責任技術者、ごみ処理施設の技術管理者、建築物環境衛生管理技術者、騒音・粉塵・振動関係の公害防止管理者、水道技術管理者、麻薬取締官任用資格、向精神薬取扱責任者、危険物取扱者【甲種】受験資格
薬剤師免許を取得することにより下記の資格を取得できます。
食品衛生監視員(公務員)任用資格、食品衛生管理者任用資格、検疫委員

閉じる
男女の適正について向き不向きはありますか。
閉じる
詳しく見る

薬剤師の仕事内容には男女の違いはありませんし、大学での教育内容でも男女を区別するカリキュラムはありません。

閉じる
結婚しても仕事をつづけることはできますか。
閉じる
詳しく見る

薬剤師のお仕事は結婚しても続けることは十分可能です。

閉じる
兵庫医科大学との連携とは具体的にはどのようなことですか。
閉じる
詳しく見る

1年次には現場の実体験を目的とした早期臨床体験学習が兵庫医科大学病院で、3年次には人体解剖見学実習が兵庫医科大学で行われます。また、一定の条件を満たした学生は6年次に兵庫医科大学病院でのチーム医療研修や兵庫医科大学での研究研修が受講できます。兵庫医科大学の先生による講義科目も用意されています。

閉じる
他学部との交流とは具体的にどのようなことですか。
閉じる
詳しく見る

現代の医療では、さまざまな資格を持った医療専門職者が共同して患者の治療やケアを助けることが必要になっており、これは「チーム医療」と呼ばれています。本学薬学部の学生は1年次には看護学部やリハビリテーション学部の学生と一緒に「医療科学概論」を受講して医療専門職者としての心構えを身につけるとともに、兵庫医科大学病院で実際の臨床の現場を実体験してもらいます。また2年次にも3学部の学生が一緒に「チーム医療概論」を受講することで本当のチーム医療のあり方を学びます。さらに3年次には看護学部の先生による「看護論」やリハビリテーション学部の先生による「総合リハビリテーション論」が必修科目として設定されており、4年次には3学部合同の「チーム医療論演習」で実際のチーム医療の内容を体験します。これらの授業を通じて、卒業後に必要となるチーム医療の能力を身につけてもらいます。

「チーム医療」スペシャルコンテンツはこちら

閉じる
どのような教授陣がいらっしゃいますか。
閉じる
詳しく見る

本学には、多種多様な経歴を持つ教員が在籍し、さまざまな角度から日々学生の指導にあたっています。例えば、薬剤治療の現場において、使う薬を最終的に判断して処方するのは医師の役割ですが、同一法人の兵庫医科大学病院で今も臨床に携わる医師が、教員として兵庫医療大学にて教鞭を取っているため、最新で実践的な学びの提供が可能となっています。また、病院薬剤師・薬局薬剤師などの実務家はもちろんのこと、企業勤務経験の ある研究者まで、その経歴は多岐にわたっています。熱意ある各専門分野のスペシャリストが担当するカリキュラムによって、より薬学の専門性を深めることができます。

薬学部教員一覧はこちら

閉じる
薬剤師とはどのような仕事をするのですか。
閉じる
詳しく見る

薬局の店頭で医薬品を売ったり、調剤薬局や病院の薬局で処方箋に基づいて医薬品を調合し、患者さんに飲み方や副作用などを説明したりする姿は見たことがあるでしょう。もちろんこれらも大事な仕事ですが、今後はさらに薬のスペシャリストとして医療チームに加わり、医師、看護師や理学・作業療法士さん達とともに、個別の患者さんに適した治療法について考えたり、処方箋に書かれた薬について医師の相談に応じたり、新しい薬の情報を伝えたりする仕事が増えます。また、自宅で療養中の患者さんに、薬を通じた治療をすることも重要な仕事になります。その他、新薬の開発研究、食品やサプリメントなどの開発・品質管理、環境衛生を含めた薬事行政に携わる仕事もあります。すべて薬を通じて人の健康や社会の福祉に貢献するやりがいのある仕事です。

閉じる
薬学教育が4年制から6年制に変更されたことによりカリキュラムの内容はどのように変わりますか。
閉じる
詳しく見る

これからの薬剤師に必要なことを学ぶためには、従来の勉強内容だけでは不足していたために、大学での修業年限が2年間延長されました。これからの薬剤師に必要な能力とは、社会が望み期待する、実際の医療現場で活躍するために役立つ経験(病院・薬局実習)と知識・技術(新しい研修科目や講義)のことです。兵庫医療大学が考える6年制薬学部教育で重要な勉強内容は、①ヒトの体の仕組みや個々の病気のメカニズムとそれに対する対処法を系統的に理解するための臨床的知識の習得、②患者本位、人間重視の精神を身につけたうえでの患者とのコミュニケーション能力の習得、③他の医療専門職者との連携によるチーム医療に必要な技術・知識の習得、④遺伝子ゲノムに基づく個別化医療の理解、⑤薬剤師としての高度な専門性の習得、⑥地域住民に密着した医療に対応できる能力の修得です。本学ではこれらの目的を達成するために多くの授業科目が用意されています。兵庫医療大学ではそのため、特に臨床現場を知り、医師の教育経験のある専任教員が非常に多数採用されています。

閉じる
4年制の薬学部に行った場合とどのような違いがありますか。
閉じる
詳しく見る

4年制の薬学部では、化学物質としての医薬品の合成、化学物質の生体に対する作用のメカニズムを解析するなど、物質に重点を置いた基礎教育が中心となり、その点でヒトに重点を置いた6年制の薬学部とは教育目標が違ってきます。そのため、薬剤師国家試験受験資格は基本的には与えられません。したがって、4年制薬学部の卒業生の進路は医薬品販売やMR(医薬品情報提供者)などが主となると予想されます。また、企業や大学や衛生研究所等での研究職をめざす学生の多くは2年間の修士課程に加えて3年間の博士課程に進学する場合が多く、総計5年間の大学院生活を送り、博士学位を取得することになります。6年制の場合は大学院は博士課程のみで4年間が必要で、博士学位取得のみを考えれば1年遅れることになります。 しかし、6年制を卒業した薬学博士は4年制を卒業した薬学博士とは違って、実際の医療現場を深く学んでいることから、さらに広い活躍範囲が期待されます。

閉じる
他大学の薬学部との大きな違いは何ですか。
閉じる
詳しく見る

最大の特色は医科大学がつくる新しい医療大学ということです。つまり、併設されている看護学部とリハビリテーション学部だけでなく兵庫医科大学医学部及び兵庫医科大学病院と連携して、医療現場にあってこそできる薬学教育に取り組むことです。これからは、医師、看護師、薬剤師および理学・作業療法士が一団となって患者さんをケアするチーム医療[例えば、緩和ケア、補完医療、栄養管理、じょくそう(床ずれ)ケア等があります]や患者さんの心や社会的背景を踏まえた全人的医療が重要になります。これらの医療行為に参加するためには、薬剤師は次の3つの能力や感性を身につける必要があります。先ず、薬の専門家として、医師や他の医療専門職種者とコミュニケーションできる能力、第二は薬の専門家としてだけでなく、ヒトとして個々の患者さんとコミュニケーションできる能力と、第三にヒトの健康と幸せを心から喜べる感性です。薬剤師として必要なこれらの能力や感性を涵養するためには、私達の新大学薬学部の教育環境がベストだと自負しています。病院の現場で医療スタッフや患者さんと接する機会が多ければ多い程、より良い教育が受けられるだけでなく、患者さんの立場で医療を理解できるのではないでしょうか。また、職種は異なりますが「ヒトの幸せに医療人として貢献する」という同じ大志を持つ他学部の学生達と同じキャンパス内で交流することは薬剤師としての将来に必ず役立つはずです。

閉じる
新設大学ですが、薬学共用試験や薬剤師国家試験への対策はどうなっていますか。
閉じる
詳しく見る

5年次の長期実務実習の場で実際の医薬品を取り扱い、患者さんとコミュニケーションをとるためには、予め十分な知識、技能、医療マインドをもっていることが検証されなければいけません。そのために全国の薬学部は協力して「特定非営利活動法人 薬学共用試験センター」を設置しています。みなさんは5年生に進学する前に、そのセンターが行う、薬学共用試験で一定以上の成績を修める必要があります。実は医学部でも同じ目的を達成するために、医学共用試験を平成18年度からスタートさせています。我々の兄弟大学である兵庫医科大学もその共用試験を行っています。兵庫医療大学薬学部では兵庫医科大学で培った共用試験に対する対策を取り入れ、みなさんが薬学共用試験に合格するためのノウハウを提供することができますので、安心して下さい。6年制薬学部卒業者が受験する薬剤師国家試験では、医療薬学分野からの出題が重要な部分を占めることになると思われます。兵庫医療大学薬学部では、薬学出身教員に加え、多数の医学出身者と医学教育経験者が専任教員としてみなさんの教育に対し責任をもって担当します。それらの教員の中には実務家薬剤師はもちろん臨床医も含まれています。さらに、兵庫医科大学や兵庫医科大学病院で実際に医療に従事している先生方が非常勤講師として医療に関する教育をサポートしますので、新しい薬剤師国家試験への対策も万全です。

閉じる
既存の薬学部の定員が増え、新設大学が多いため、6年後の就職先の将来性は。
閉じる
詳しく見る

これからの薬剤師は、調剤や服薬指導だけではなく、薬歴管理や在宅医療などにおける役割が期待されており、チーム医療の中で活躍できる専門薬剤師へのニーズが益々高まると予想されます。本学の兄弟校は兵庫医科大学で、設立以来40余年、おもに地域医療に貢献する臨床医を送り出してきました。兵庫医科大学病院は病床数1000床を超える特定機能病院(高度な医療を提供する病院)であり、地域医療の基幹病院として、また阪神淡路大震災の折には災害拠点病院として社会に貢献してきました。研究機関としての評価も高く、最近ではアスベスト(石綿)暴露による中皮腫の治療に関しての日本での拠点ともなっています。本学はこのように卓越した大学である兵庫医科大学の全面的バックアップの下に設立されることから、教育面はもとより、就職面においても広く医療界で活躍する可能性が高いことが期待されます。

閉じる
医学部や附属病院と連携することでどのようなメリットがあるのですか。
閉じる
詳しく見る

最大のメリットは容易に臨床現場を教育の場に活用できることです。6年制薬学教育の導入の背景には、医療の高度化や医薬分業の進展に伴い、より臨床能力の高い薬剤師、すなわち、病棟などに出て行き、チーム医療の一員として、入院患者さんと直接コミュニケーションをとり、きめ細かい服薬指導を行うなど、医療現場における実務能力の高い薬剤師が求められていることがあります。このため、6年間のカリキュラムでは、人体の構造と機能、病気の発症メカニズム、薬の作用メカニズムなどの医療薬学に関する科目と、6ヶ月間の実務実習が非常に大きなウェイトを占めています。こうした教育内容の質を保証するためには、実習のフィールドとなる附属病院や医療に関連する物理的・人的教育資源の豊富な医学部との連携は、非常に大きなアドバンテージとなります。これは、各薬科単科大学や医学部を持たない薬学部が医科大学や他大学の医学部との連携を模索する動きがあることの理由の一つと考えられています。とりわけ「実務実習の際、病院や医学部があると、(薬剤師育成などに)絶大な力を発揮する」として、76年にわたり単科薬科大学として歴史を刻んできた共立薬科大学が慶応義塾との合併を表明したことなどは、その証左といえるでしょう。本件に関しては文部科学大臣も「特に単科大学で存立するというのは、非常に難しいのではないですか。6年制になると、施設の問題もありますし。」とのコメントを発表しています。

閉じる
新設大学ですが、卒業後の就職は大丈夫ですか。
閉じる
詳しく見る

キャリアセンターを設置し、兵庫医科大学の卒業生のネットワーク情報を含め大学・法人が一体となって支援しますので、ご安心して下さい。薬学部では、薬剤師として良い就職先が見つかるために必要なサイエンス(知識)、アート(技術)そしてハート(心、特に患者さんの立場を理解できる心)を学べるようなカリキュラムを提供しています。このようなカリキュラムは今後の薬剤師の活躍が期待される業務(病棟薬局業務、在宅ケアなどにおける医療提供施設としての薬局業務)につながるものです。また、卒業後に兵庫医科大学附属病院・薬剤部においてレジデントとして経験を積みつつ専門薬剤師の資格をめざし、就職先を見つける制度(臨床薬学研修生制度)も採り入れる予定にしています。更に、卒業生のキャリアアップを図るための卒後教育にも力をいれますので、みなさんが卒業後に活躍する場は十分に広がっています。

閉じる