メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 講師

鈴木 千枝(すずき ゆきえ)

■担当科目/在宅看護学概論、在宅看護援助論、在宅看護学実習、ケアマネジメント論など 

学歴 大阪府立公衆衛生専門学校看護科卒業
近畿大学法学部法学科卒業
神戸大学大学院保健学研究科保健学専攻地域保健学領域博士課程前期課程修了
職歴 神戸百年記念病院 看護師
社団法人兵庫県看護協会すまいる訪問看護ステーション 看護師
宙訪問看護ステーション 看護師
株式会社アクティブライフ 介護支援専門員
神戸市看護大学 老年看護学 助教
学位 修士(保健学):神戸大学大学院
資格 看護師 介護支援専門員

受験生のみなさんへ

国は、病気をもちながらも地域の中で暮らし続けることができる地域包括ケアシステムの構築を進めています。在宅看護学では、地域で暮らしている病気や障がいをもつ療養者の「生きること」を支える看護を学習します。看護師になるための知識や技術はもちろん、人間性豊かな人へと成長し、療養者の人生を支える看護師になれるよう教育を実施していきます。「あなたに出会えてよかった」と選ばれる看護師をめざしましょう。

研究テーマ

研究テーマは、認知症になっても医療機関や介護施設を利用しながら自宅で暮らし続けることを可能にする「循環型システムとしての認知症地域包括ケアシステムの運営」です。認知症の人は環境の変化に弱く、現行のシステム下で生活の質を維持することは容易ではありません。認知症をもつ人の生活の場が移り変わっても、生活の質を保つことを可能とし、ケアを提供する家族、サービス提供者の負担の軽減をにつながる研究を行っています。

  1. 1. 認知症地域包括ケアシステムに関する研究
  2. 2. 訪問看護師の看護実践に関する研究