メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 副学長・教授

鈴木 志津枝(すずき しづえ)

■担当科目/がん看護援助論、代替療法と看護、看護学概論Ⅰ、統合看護実習、看護研究セミナー

学歴 高知女子大学家政学部衛生看護学科 卒業
千葉大学大学院 看護学研究科 修士課程修了
Oregon Health Sciences University, School of Nursing 博士課程修了
職歴 兵庫医科大学病院 看護師
神戸市看護短期大学 助手
兵庫医科大学病院 看護師長
神戸大学医療技術短期大学部 助教授
高知女子大学看護学部・大学院看護学研究科 教授
高知女子大学大学院 看護学研究科長
神戸市看護大学 教授
神戸市看護大学 副学長
神戸市看護大学 学長
現職
学位 博士(看護学);Oregon Health Sciences University
資格 看護師、保健師

受験生の皆さんへ

看護学は、看護専門職者の活動に理論的体系と科学的根拠を提供し、様々な健康レベルの人々が健やかにその人らしい生活を営むことができるように。質の高い支援を行うための学問です。看護学部の教育に対する社会的要望は高く、豊かな人間性や倫理的判断力とともに確実な技術と専門的知識を身に付けることが期待されています。これまで培ってきた教育の実績を踏まえ、一人一人の学生の学びたい気持や個性を尊重した教育を行い、入学から卒業、就職まで一貫した支援のもとで看護専門職者として能力を高めていくことができます。本学で看護を学び、皆さんの夢を叶えませんか。

研究テーマ

看護師としての臨床経験を通してがん患者や家族への援助方法を明らかにしたいと考え、終末期がん患者や家族への援助に関する研究や遺族への援助に関する研究を行ってきました。現在の研究テーマは、「悪い知らせを伝え意思決定する協働モデルの有用性の検証及び実用化に関する介入研究」や「終末期がん患者と家族が共に実施するライフレビューが死別前後の家族にもたらす影響」等です。

  1. 1. 終末期がん患者の家族の死への気づきや死への準備と死別後の心理や適応との関係
  2. 2. 終末期がん患者の在宅ケアへの移行を困難にしている医療従事者側の要因-看護者が認知している問題の分析を通して-
  3. 3. 在宅ターミナルケアに関する地域ネットワークシステムモデルの開発
  4. 4. がん患者のギアチェンジを支える援助モデルの開発
  5. 5. がん患者の就労や経済的問題に対する多職種による早期スクリーニングシステムの開発