メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 教授

西村 明子(にしむら あきこ)

■担当科目/母性看護学概論、母性看護援助論、母性看護学実習、基礎助産学、助産管理、助産診断技術学Ⅰ、助産診断技術学Ⅱ、助産学実習、統合看護実習、看護研究セミナー

学歴 大阪大学医療技術短期大学部看護学科 卒業
大阪大学医学部附属助産婦学校 卒業
大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程健康科学専攻 修了
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程 修了
職歴 大阪大学医学部附属病院分娩育児部 助産師
大阪大学医学部附属病院第2外科病棟(消化器外科) 看護師
大阪大学医学部附属病院第2外科病棟(消化器外科) 副看護師長
大阪大学医学部保健学科看護学専攻 母性・小児看護学講座 助手
兵庫医療大学看護学部看護学科 講師
兵庫医療大学大学院看護学研究科、兵庫医療大学看護学部看護学科 准教授
現職
学位 博士(看護学):大阪大学大学院
資格 助産師、看護師

受験生の皆さんへ

母性看護学、助産学は、新しい家族をつくる過程で、女性とその家族が本来持っている力に気づき、その力を発揮することで健康状態を維持し、高められるようなケア、安全・安楽・快適に出産するためのケアについて探求します。そのため、医学的知識や看護および助産の知識だけでなく、女性と家族がおかれている文化や社会的背景についても理解し、人の力を引き出すための理論や概念について学習します。人の尊厳や多様性を尊重し、自分も他者も大事にできる頼れる看護師、助産師になってほしいと思っています。

研究テーマ

研究テーマは「周産期における父親と母親のうつ病」です。産後うつ病は父親、母親ともに10〜15%の 割合で発症すると報告されています。うつ病は本人が辛いだけでなく、子どもの発達に影響することから、早期発見や予防が重要です。私は、イクメンブルーとして最近注目されている父親の産後うつ状態について2007年から研究に取り組み、産後の各時期におけるうつ状態の関連要因を明らかしてきました。今後は、研究結果を基に早期発見のためのシステムづくりに関する研究を行う予定です。