メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 講師

荻野 待子(おぎの まちこ)

■担当科目/看護マネジメント、基礎看護方法論、基礎看護技術Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、基礎看護学実習Ⅰ、Ⅱなど

学歴 兵庫県立看護大学 看護学部 卒業
兵庫県立大学大学院 看護学研究科 博士前期課程 修了
職歴 宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院 看護師
兵庫県立大学看護学部 基礎講座看護システム学 臨時助手
学校法人兵庫医科大学 兵庫医療大学看護学部 基盤看護学 助手
学校法人兵庫医科大学 兵庫医療大学看護学部 基盤看護学 講師
現職
学位 看護学(修士)
資格 看護師、保健師

受験生の皆さんへ

看護師は何をする人なのか…注射をする人、心のケアをする…などなどいろんな意見が出てきます。看護は人間の生きるから死ぬことまでに関わり、その人らしい生活をするための支援をします。自分が生きていくことと死ぬことにも向き合える学問です。4年の中で、友人と励まし支えあいながら、実習や演習に取り組み、医療専門職者として人に寄り添う、ケアすることに必要な知識、技術、態度を学ぶことができます。

研究テーマ

研究は、看護技術に関すること、看護を教える教員に関すること、看護倫理に関することをテーマとしています。看護者は看護技術を通して対象者の安全や安楽を提供していますが、技術を学ぶことはとても難しく、学生が悩んでいる様子を目の当たりにします。どうすればうまくなるのだろう、どのように教授すればうまくなるのだろう、そのために教員ができることは何だろうという疑問をもって日々研究に取り組んでいます。

  1. 1. 技術実施時の看護師の視線運動
  2. 2. シミュレーションによる協働学習
  3. 3. 看護教員の観察点の可視化
  4. 4. 効果的な看護技術の方法