メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

学科、役職名 看護学部看護学科、教授

氏名 堀口 和子(ほりぐち かずこ)

担当科目 在宅看護学概論、在宅看護学援助論、在宅看護学実習、ケアマネジメント論、看護研究セミナーなど

学歴 学歴 労働福祉事業団 岡山労災看護専門学校 卒業 
広島国際大学 保健医療学部 卒業 (看護学学士)
神戸大学大学院 医学系研究科保健学専攻博士課程前期課程 修了 (保健学修士)
神戸大学大学院 医学系研究科保健学専攻博士課程後期課程 修了 (保健学博士)
職歴 職歴 労働福祉事業団中国労災病院 看護師
社会福祉法人成寿会老人保健施設成寿園 看護師
山口大学医学部保健学科 助手
山口大学大学院医学系研究科保健学系学域 助教
社会福祉法人広島YMCA訪問看護ステーション・ピース 看護師
神戸大学大学院保健学研究科看護学領域 助教
兵庫医療大学看護学部 講師
兵庫医療大学看護学部 准教授
現職
学位 学位 博士(保健学):神戸大学・大学院
資格 資格 看護師、保健師、認知症ケア専門士

受験生の皆さんへ

受験生へのメッセージ 在宅看護は、病気や障がいをもちながら在宅で療養生活を送っている療養者と家族に対し、その人たちの望む生活が継続できるよう多職種と連携し支援する活動です。対象者の思いを理解し、その思いを叶えるための支援について探究する力が重要になります。大学生活では、自分の目標を決め、その目標に向かって充実した学生生活を送りましょう。

研究テーマ

研究テーマは、「要介護高齢者の在宅療養継続に向けた家族支援の研究」です。在宅療養者が住み慣れた地域で人生の最期まで幸福に暮らし続けることができる社会を目指し、療養者・家族・地域社会の課題に対し、在宅看護の知識体系の発展に寄与する研究に取り組んでいます。家族介護者への支援、地域住民の互助は、地域包括ケアシステムの構築において重要な研究課題です。訪問看護師をはじめ、在宅看護・他領域の研究者、大学院生と研究に取り組んでいます。

  1. 1. 多重介護による家族介護に関する研究
  2. 2. 中重度要介護者の在宅療養継続に向けた家族支援プログラムパッケージの開発と実用化
  3. 3. 家族介護者の介護と生活(仕事を含む)のバランスに関する研究
  4. 4. 在宅独居高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアに関する研究
  5. 5. 認知症高齢者の独居生活の限界に関する研究