メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 教授

神﨑 初美(かんざき はつみ)

■担当科目/成人看護学概論(2年)、慢性看護援助論(2年)、成人看護技術演習(3年)、成人看護実習Ⅱ(3年)、看護研究セミナー(4年)、統合実習(4年)、災害看護(4年)、看護研究(院)、看護研究演習(院)、慢性看護学特論(院)、慢性看護援助特論(院)、慢性看護学演習Ⅰ~Ⅲ(院)、慢性看護特別研究(院)

学歴 大阪府立公衆衛生専門学校看護科 卒業
近畿大学法学部法律学科 卒業
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士前期課程修了 保健学修士
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程修了 看護学博士
職歴 大阪府急性期・総合医療センター看護師 ICUCCU 7年半・整形外科 2年9ヶ月
神戸市看護大学 成人老人看護学講座
兵庫県立大学 看護学部附置研究所推進センター
兵庫県立大学 地域ケア開発研究所
University of Washington School of nursing に Visiting Scholars(客員教員)として在籍
兵庫医療大学 大学院看護学研究科 看護学専攻 現職
学位 看護学博士
資格 看護師

受験生の皆さんへ

人のライフサイクルのなかで成人期の慢性疾患を抱える患者様の看護に関する領域で、私の教えている守備範囲はきっと最も広いと言えます。人が成長発達を遂げるなかでの活動や健康の捉え方、病気への取り組み方などを考慮したうえで、効果的で適切な看護援助をどのようにするかについて教えています。看護系の学部は、国家資格を獲得し働くためであり、どの授業も真剣に取り組む必要があります。しかし学んだことがすべて将来に役立つのです。私の授業は決して優しくはないけれどできるだけ楽しく学んでいただこうと努力をしています。毎回受けてよかったを心がけていますので皆さんも真剣に取り組んでください。

研究テーマ

病院・在宅療養を支援するリウマチ看護の質を担保するアプローチ方略の開発と促進、リウマチ看護師の専門性の可視化・構造化と戦略的早期看護介入の確立、まちの保健室ナースの看護力で形成する急病や災害に備えられるまちづくりと効果の検証、災害時の避難所ケアとまちの保健室を融合した育成支援システムの構築、中高年男性にテーラーメイドで行う体操習慣支援が健康増進に与える効果の検証 など

  1. 1. リウマチ患者のストレスコーピング
  2. 2. リウマチ看護師への教育的介入研究
  3. 3. 災害の備えに関する研究