メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 講師

藤井 加那子(ふじい かなこ)

■担当科目/小児看護学概論、小児看護援助論Ⅰ、小児看護援助論Ⅱ、小児看護実習など

学歴 大阪大学 医学部保健学科 卒業
大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 博士前期課程 修了
大阪府立大学大学院看護学研究科 博士課程 在籍中
職歴 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 (小児科病棟)
宮崎大学医学部看護学科 助教 (宮崎大学医学部附属病院 遺伝カウンセリング部看護師兼務)
現職
学位 修士(保健学):大阪大学大学院
資格 看護師/保健師

受験生の皆さんへ

医療技術の発展に伴い、病気や障がいのある子どもたちの療養生活は変化し続けています。子どもたちが「その子らしく」生活できるように、支えていくことが小児看護の大きな役割です。 子どもたちは困難に対処できる大きな力をもっているので、その力を高めていく看護とは何かを一緒に考え、実践していく方法を講義や実習で学んでいきましょう。

研究テーマ

子どもは医療の場で様々な体験をしています。そのような子どもの体験や、病気や治療と共に育っていく子どもを支援するための看護やその子どもを支える看護師や家族のあり方を探求していくことを研究課題としています。

  1. 1. 検査・処置を受ける子どもの体験について
  2. 2. 子どもの力を引き出す小児看護の技について
  3. 3. 感覚器障害のある子どもと家族への看護について