メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部 看護学科 准教授

岡田 公江(おかだ きみえ)

<学部>
助産診断技術学Ⅰ、助産診断技術学Ⅱ、助産管理、基礎助産学、助産学実習、ヒューマンセクシュアリティと看護、母性看護援助論、母性看護学概論、統合看護実習、アカデミックリテラシー、看護研究セミナー
<大学院>
母性看護学特論、母性看護学援助特論、母性看護学演習Ⅰ•Ⅱ•Ⅲ、母性看護学特別研究、助産学特論、助産学援助特論、助産学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、助産学特別研究、先進医療支援特論、

学歴 豊中看護専門学校                 卒業
日本赤十字学園 武蔵野看護専門学校        卒業
大阪大学医学部附属助産婦学校           卒業
日本大学通信教育学部 文理学部文学専攻(英文学) 卒業 (英文学学士)
神戸大学大学院保健学研究科 大学院博士前期課程  修了 (保健学修士)
神戸大学大学院保健学研究科 大学院博士後期課程  修了 (保健学博士)
職歴 坂本病院     
武蔵野赤十字病院  
多根総合病院
箕面市立病院
伊藤産婦人科医院
神戸大学大学院 保健学研究科 助手・助教
兵庫医療大学 看護学部  講師・准教授   
現職
学位 博士(保健学):神戸大学大学院
資格 助産師 看護師

受験生の皆さんへ

助産師は、全ての女性およびその家族が支援の対象となります。子どもや思春期学生には成長発達に合わせた命の重さや性の大切さを伝え、妊産婦には安全で快適な妊娠・出産をし、安心して育児がスタートできるためのサポートを行います。そして子育てが終了し、更年期を迎える女性への支援も行います。女性およびその家族を生涯にわたり支援する役割を担う助産師になるため、本学では正確な知識および的確な実践力を習得し、助産師としての柔軟な感受性・倫理観を身につける教育を行います。助産師になりたいと考えている学生の皆さん、お待ちしています。

研究テーマ

全ての母子が安全に妊娠・出産を過ごせるために、妊娠中の高血圧予防に向けた教育・支援を探求しています。現在は、妊娠中の血圧の変化と睡眠の質との関連性を主なテーマとして研究活動を行っています。

  1. 1. 正常妊娠経過の初産婦における妊娠初期の睡眠の質と妊娠末期の血圧上昇との関連性
  2. 2. 妊娠高血圧症候群予防のための妊娠期における睡眠教育が血圧に与える効果の検証
  3. 3. 正常妊婦における血圧と睡眠の関連 ー妊娠高血圧症候群予防に向けた健康教育の基盤構築ー