メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 教授

廣金 和枝(ひろかね かずえ)

■担当科目/公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論、公衆衛生看護活動方法論、公衆衛生看護活動方法論演習、公衆衛生看護展開論演習、公衆衛生看護学実習、統合看護実習、看護研究セミナー 等 

学歴 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
大阪大学大学院 医学系研究科 博士後期課程 修了
職歴 畿央大学 健康科学部 看護医療学科 講師
畿央大学 健康科学部 看護医療学科 准教授
現職
学位 博士(保健学):大阪大学
修士(政策・メディア):慶應義塾大学
資格 看護師 保健師 助産師 養護教諭専修免許

受験生の皆さんへ

経済格差、デジタルデバイドなどを背景に、地域で生活を送る人々の健康格差は拡大しつつあります。また、少子高齢化の進展、家庭や地域のつながりの希薄化などに伴う地域力の弱体化の中で、個人/家族の健康のみならず、個人が属する集団や地域全体の生活と健康を維持、向上させる看護活動を行う保健師に対する期待は、ますます高まっています。保健師の支援対象は、多様な健康レベル、多様な発達段階/家族サイクルにある多様な公衆、また公衆の所属システムです。そのような公衆(みんな)の生(生活と生命)を衛る(まもる)公衆衛生看護を私たちと一緒に追及していきませんか。

研究テーマ

研究テーマは、「保健師養成課程における学校保健実習プログラムの開発」です。保健師の活動の場は、人々が生活している場、人々が働いている場、人々が学んでいる場など多様です。その1つである子どもたちが集団生活を送り、発育・発達しつづけている「学校」という場で、質の高い保健活動を展開できる保健師を育成する学校保健実習のプログラムを調査・研究しています。