メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 助教

衣斐 響子(いび きょうこ)

■担当科目/在宅看護学概論、在宅看護援助論、在宅看護学実習、統合看護実習、ケアマネジメント論、看護研究セミナー

学歴 兵庫県立看護大学 看護学部 卒業
神戸大学大学院 保健学研究科保健学専攻地域保健学領域 博士前期課程 修了
職歴 神戸市 地域包括支援センター 保健師
神戸大学大学院保健学研究科 地域看護学講座 助教
須磨区役所 健康福祉課 保健師
神戸在宅医療・介護推進財団 在宅事業課(地域包括支援センター・訪問看護ステーション) 保健師
神戸在宅医療・介護推進財団 認知症対策課(認知症初期集中支援チーム) 保健師
現職
学位 修士(保健学):神戸大学大学院
資格 保健師 看護師

受験生の皆さんへ

「自宅で過ごしたい」「自分らしく暮らしたい」そんな望みを実現できるよう、そして住み慣れた地域でその人らしい生活が少しでも長く継続できるような看護について、一緒に学んでいきましょう。

研究テーマ

研究テーマは、地域包括支援センターにおける多職種協働、認知症の初期介入における支援などです。地域で生活される方の支援は、看護師だけではなく様々な職種が関わっています。どのように協働していくことがよりより支援につながるか、またその中での看護師の役割とは何かを考えています。また、認知症の方はなるべく早くから支援を行うことで、進行を遅らせ、少しでも長く住み慣れた地域で暮らしていくことができると言われています。早期に発見し支援につなげるため、地域で生活されている認知症の方(疑いも含む)の初期介入(ファーストタッチ)について研究していきたいと思っています。