メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 講師

波田 弥生

■担当科目/公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論、公衆衛生看護活動方法論、公衆衛生看護活動方法論演習、公衆衛生看護展開論演習、公衆衛生看護学実習、統合看護実習、看護研究セミナー 等 

学歴 国立姫路病院附属看護学校 卒業
京都府立医科大学医療技術短期大学部 専攻科保健学専攻 修了
大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市修士課程 修了
職歴 神戸市保健師
神戸市看護大学 助手
神戸市看護大学 助教
神戸市看護大学 講師
現職
学位 修士(都市ビジネス):大阪市立大学大学院
資格 看護師、保健師、養護教諭一種

受験生の皆さんへ

社会情勢を受け、地域住民の健康の強みと課題は、常に変化しています。 妊娠前から出産・子育て、成人期の生活習慣や更年期の揺らぎ、介護予防、人生の全うまで、全ての世代に保健師は伴走します。そして、虐待や疾病管理、自殺予防等、さまざまな課題を、地域住民と共に解決していきます。 保健師は、変化する課題に柔軟に応えながら、しなやかに生きる住民方々の傍で、将来を見つめた施策や根拠ある社会システムを創造できる職業だ思います。 地域における健康支援の楽しさと、地区特性に合わせた保健師活動の醍醐味を、共に考え、一緒に行動してみませんか。

研究テーマ

テーマの一つは、地域の健康づくりグループ関わる保健師の活動です。グループ支援は、保健師の活動の醍醐味だと考えます。グループへの様々な支援を明らかにし、より効果的な健康支援につなげられたらと思います。 また、地域住民お一方おひとかたが、より健やかに、また保健師が、ポジティブに職務を遂行できるような研究をしたいと考えています。

  1. 1. 保健師が持つ集団サポートの視点と技術
  2. 2. コミュニティレジリエンスと地域看護
  3. 3. 更年期世代の疾病管理と介護予防