メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 教授

網島 ひづる(あみじま ひづる)

■担当科目/成人看護学概論、急性看護援助論、成人看護学実習Ⅰ(急性)、統合看護実習、クリティカルケア論など

学歴 京都府立医科大学附属看護専門学校 卒業
慶応義塾大学 文学部 卒業
大阪府立看護大学大学院 看護学研究科 修士課程 修了
大阪府立看護大学大学院 看護学研究科 博士課程 修了
職歴 京都府立医科大学医療技術短期大学部 助手
広島県立保健福祉短期大学 看護学科 講師
広島県立保健福祉大学 保健福祉学部 講師
広島県立保健福祉大学 保健福祉学部 助教授
県立広島大学 保健福祉学部 助教授
県立広島大学大学院 総合学術研究科 助教授
県立広島大学 保健福祉学部 教授
県立広島大学大学院 総合学術研究科 教授
現職
学位 博士(看護学):大阪府立看護大学・院
資格 看護師

受験生の皆さんへ

成人看護学は成人期の対象および家族の発達課題を理解して健康課題に対する援助方法について、また、急性期における看護学は手術を受ける患者・家族を対象とした周手術期における看護学を主に学修します。対象の個別性を踏まえた質の高い看護実践を探求できる力、成人を取り巻く社会状況に関して問題意識をもち看護専門職者としての役割を考察できる力を育成しています。私たちと共に学修者として前向きに取り組むことであなたはきっとさらなる成長をとげるでしょう。

研究テーマ

研究テーマは「クリティカルな状況にある患者・家族を対象とした回復意欲、安楽、さらにはセルフケア、QOLという視点からの看護介入」とし研究活動を進めています。重症・集中治療を受ける患者、周手術期にある患者とその家族への質の高い看護介入を提供するするために本テーマは重要な研究課題です。また、質の高い看護を提供するための看護師の実践力・看護技術にも関心があり、そのための新しいトレーニング方法の開発にも力を入れています。

  1. 1. 視線運動分析基づく看護技術トレーニングシステムの開発
  2. 2. フィジカルアセスメント能力を高めるための協働学習型教育システムの開発
  3. 3. がん患者のセルフケアとQOLに関連する要因
  4. 4. 手術療法、化学療法、放射線療法を受けるがん患者のQOL
  5. 5. 肺がん患者のうけとめ尺度・セルフケア尺度の開発