メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 講師

片田 千尋 (かただ ちひろ)

■担当科目/母性看護援助論、研究セミナー、助産診断技術学Ⅰ、助産診断技術学Ⅱ、セクシュアリティと看護、母性看護学実習、統合看護実習

学歴 大阪府立看護大学 看護学部 卒業
兵庫医療大学大学院 看護学研究科 修士課程 修了
大阪大学大学院 医学系研究科 博士後期課程 在学中
職歴 大阪府立母子保健総合医療センター 助産師
兵庫医療大学 助教 (現職)
学位 修士(看護学):兵庫医療大学大学院
資格 看護師、助産師、保健師

受験生の皆さんへ

看護学は、新生児から高齢者までのすべての人のケアを追求する学問です。 中でも、母性看護学は、「女性の生涯を通した健康と次世代の健全な育成を支援する」ための学問です。ケアの対象者としてだけでなく、女性自身として、パートナーや家族、友人として、誰もが女性と接する機会があると思います。様々な視点から女性について考え、理解を深められるよう一緒に学びましょう。

研究テーマ

女性の意思決定に着目し、障碍児の育児や、出生前診断や遺伝子検査に関する意思決定について研究しています。 近年、自宅で受けられる遺伝子検査が多く販売され安易な受検が懸念されているなか、日本人女性の遺伝に関する知識不足が報告されています。そのため、現在は、遺伝子検査を受けるかどうかを女性が主体的に意思決定できるための教育プログラムの開発をめざし、研究をしています。