メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 助教

阿川 勇太(あがわ ゆうた)

■担当科目/公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論、公衆衛生看護活動方法論、公衆衛生看護展開論演習、公衆衛生看護方法論演習、産業・学校保健活動論、公衆衛生看護学実習 など

学歴 大阪府立大学 看護学部 看護学科 卒業
大阪府立大学 大学院 看護学研究科 博士前期課程 修了
職歴 大阪府立病院機構 母子保健総合医療センター 看護師
大東市役所 保健師
社会福祉法人 麦の穂 ひばり保育園 保健師
SSMother ホールディングス 保健師
現職
学位 修士(看護学):大阪府立大学大学院
資格 看護師、保健師、保育士

受験生の皆さんへ

医療という現場にはたくさんの課題がありますが、皆さんが過ごす地域の中にもたくさんの課題があります。そして、病気があるなしに関わらず、人が生きていくにはたくさんの困難があります。公衆衛生看護学では個人または集団の健康生活の保持増進および健康への回復を援助しながら、住み慣れた地域で幸せに過ごしていくための看護実践を学習します。本当に人の心に寄り添いながら看護を行っていくとはどういうことか、みんなが住み慣れた地域で幸せに生きていくためにはどうしたら良いのかを一緒に学びませんか。

研究テーマ

研究テーマは「地域における育児期の家族支援」です。その中でも特に父親の育児や家族の形成期に注目して研究を行っています。地域において様々な育児期家族の問題が挙げられていますが、それらは父親や母親、子ども単体で考えられるものではなく、家族としてのあり方や家族としてのセルフケア能力などが関係しています。子どもが生まれ、家族が2者から3者関係に変化する際にどのような支援が必要なのか、育児期の家族に対して地域の中でどのような支援が必要なのかなどについて研究しています。

  1. 1. 父親の育児に関する研究
  2. 2. 子どもの誕生期における家族支援に関する研究
  3. 3. 地域における子育て支援に関する研究