メニュー
閉じる
看護学部

教員紹介

看護学部看護学科 准教授

石原 あや(いしはら あや)

■担当科目/小児看護学概論、小児看護援助論Ⅰ、小児看護援助論Ⅱ、子育てと文化、小児看護学実習など

学歴 大阪府立看護短期大学 第一看護科 卒業
千葉大学看護学部看護学科(3年次編入) 卒業
明星大学大学院人文学研究科教育学専攻 修了
職歴 大阪府立母子保健総合医療センター 看護師
大阪府立看護短期大学 助手
大阪府立看護大学医療技術短期大学部 助手、講師
大阪府立大学看護学部 助教
現職
学位 修士(教育学):明星大学大学院
資格 看護師、保健師

受験生のみなさんへ

小児看護学は、病気や障がいの有無に関わらず、すべての子どもとその家族が心身ともにより健康的に生活できるよう、その子どもの状態に応じた成長発達が遂げられるようサポートすることを目的にしています。みなさんの中には、子どもが好きな人も、苦手だなと思っている人もいると思いますが、どちらでも大丈夫です。自分の行った看護にストレートに応えてくれる子どもとの関わり、小児看護の楽しさを一緒に学んでいきましょう。

研究テーマ

研究テーマは、養育支援が必要な子どもや家族への支援、子どもの虐待の予防などです。少子高齢化社会のなかで、子育ては社会全体で支えていく必要があると言われるようになってずいぶんたちます。痛ましい虐待のニース等も報道されますが、少しの支援でもっと安心して子育てができるご家庭も多くあると思います。出産や育児の時期に関わる機会の多い看護職ができることを考えていきたいと思っています。