メニュー
閉じる
看護学部

学部長あいさつ

10年後の臨床現場でリーダーとして
活躍する看護職者を目指して

看護学部 学部長
土田 敏恵 教授
(基礎看護学〔技術・感染〕)

昨今の社会情勢の変化から予測不可能と言われる時代に、看護職者として本学部の学生たちを送り出すにあたり、私たち教員は以下の4つのことを念頭に粘り強く丁寧に学部教育を行っています。

一つ目は考える力・判断する力・物事を広い視野でみる力・表現する力を身につけること、二つ目は多様な価値観と変化を受け入れることのできるしなやかさを身につけること、三つ目は生涯にわたって学び続けること、そして最後に、本看護学部の学生は、将来、それぞれの現場でリーダーとして活躍する人材であることです。学部教育では「講義」⇒「学内演習」⇒「臨地実習」という枠組みの中で、看護学部教員のみならず共通教育センターはじめ他学部の教員や、きょうだい校である兵庫医科大学の教員や兵庫医科大学病院およびささやま医療センターの看護職者など多くの方々から学ぶことは、貴重な財産となります。特に、学内での学びを統合する「臨地実習」では、いつどのタイミングで何を実習するのかがとても重要です。

本学では、高度先端医療を提供する兵庫医科大学病院と地域に根差したケアを提供するささやま医療センターを主たる実習施設としています。それぞれの施設の看護部と本学看護学部の確かな連携のもと、学生が学びを深めるために適切な時期に臨地実習を展開しています。学生にとって安心できる実習環境で、“患者さんや利用者の方にとってどうなのか”という視点で看護実践を行えることは大きなアドバンテージになっています。さらに、本学では看護学研究科において修士課程や科目等履修制度、現役看護職の方のためのブラッシュアッププログラムなど、卒後も継続して学べる環境を整えています。