メニュー
閉じる
看護学部

基礎看護実習室

基礎看護学実習室は、実際の病院と同等の設備を備えた実習室で、1・2年次で履修する「基礎看護方法論」、「基礎看護技術」などの実習で使用されます。患者さんへの日常生活援助技術をはじめ、バイタルサイン(体温・脈拍・血圧・呼吸)測定技術といった、基礎的な看護技術を身につけるための実習室です。

病院や医療大学を備えた総合医療大学だからこそできる、
現場の実情にあった指導体制

指導に当たる教員は、看護職経験が豊富で実務経験者、または兵庫医科大学病院での現職看護師です。病院の実情を踏まえ、学生約10名に1人の教員が、きめ細かく指導にあたります。視聴覚システムも設置され、教員によるデモンストレーションをしっかりと確認できるようになっています。また、実際の病院における動作や身だしなみなど、看護師としての基本的な態度・マナーについても、きちんと身につけるよう指導します。

確かな看護実践力を身につけるための自主学習サポート体制

看護技術の習得には、納得できるまで繰り返し練習することが大切です。
看護学部では学生の自己学習をサポートするための万全の体制を整えています。

実習室の開放と教員の協力体制

学生が授業の空き時間や放課後を使って自主的に練習できるよう、実習室を7:30~20:00まで解放しています。講義時間外も教員が常に待機しており、技術の指導や確認ができます。学生は毎月のべ1000名ほどの割合で、積極的に自主学習しています。

視聴覚システムを活用

教員が出演して基礎看護技術のDVDを作成しています。DVDは、実習室に備えられたポータプルDVD再生機で見ながら自主学習に活用するほか、図書館や情報処理演習室、Webサイトでも閲覧できるようになっています。

担当の先生にインタビューしました

基盤看護領域の教育姿勢について

正確な技術は自信となって、「手」から患者さんに伝わるのです

先生ご自身の看護師としての経験から、
学生さんに伝えられていることはありますか?

看護識者にとって、「手」とは全てを伝えられる“道具”だということを言っています。看護とは患者さんに触れる仕事。例えば患者さんの体を支えるとき、手の触れ方一つで患者さんを安心させたり、信頼感を持ってもらったりできます。逆にこちらが不安に思っていると、それが手の動きを通して、患者さんに伝わったりもします。

正確な技術を身につけると、それが自信となって「手」から患者さんに伝わるのです。だから基礎看護技術をきちんと身につけておく必要があるのですね。

看護の仕事のやりがいとは何でしょうか?
将来の看護職者にメッセージをお願いします。

看護とは患者さんの命にかかわる仕事です。看護の仕事をしていてよかったと思うのは、患者さんとの人間的なふれ合いの中で、患者さんがキラリと輝く瞬間に出会えることです。それは患者さんの何気ない一言だったり、想いが詰まった言葉だったり…。

生きていることの素晴らしさを患者さんと共有し、体感できることが看護師の醍醐味だと思っています。みなさんも私たちと一緒に、看護の道をめざしましょう!同じ夢を持つ仲間が待っていますよ。