メニュー
閉じる
大学院

薬学研究科

ハイレベルなカリキュラムで高度な医療能力を養成する

近年、医療の高度化・複雑化に伴い、すべてのメディカルスタッフにハイレベルな能力が要求されるようになりました。
本研究科は、6年制薬学部の上に立つ大学院として、高度な知識や判断力、研究能力を有する薬剤師、臨床経験を有する薬学研究者を養成し、医療の質向上に貢献します。

在学生の声

現場に直結する研究テーマに取組んでいます

臨床薬剤学分野 D2 (株)阪神調剤薬局 勤務
田中 里佳

薬学部を卒業後、保険薬局勤務、大学病院研修生を経て、薬局勤務に戻りました。こうした経験の中から大学院進学を決意し、現在、薬剤師として働きながら大学院に通っています。薬局で働く薬剤師である私は現場に直結する研究テーマ、薬剤投与支援ツールとしての個別最適化した補助器具作製に取り組んでいます。研究室の先生方にご指導いただき、現場と協力して取り組む研究は楽しく、私の視野を広げ、新しい世界を見せてくれます。

修了生の声

出会いは学びの機会

平成28年度 修了生/分子循環器病治療学分野 兵庫医科大学 ささやま医療センター 勤務
志方 敏幸 博士(薬学)

大学院で過ごした4年間は、多くの人々との出会いとともに、さまざまなことを学ぶ機会がありました。恵まれた環境のなかで大学院生活を送ることができたことに、指導教員である辻野健教授をはじめ、まわりの皆様のサポートに深く感謝しております。現在、兵庫医科大学ささやま医療センター薬剤室には、兵庫医療大学の大学院生2名が在籍しています。学位取得と同時に薬局長として後進の育成にも力を注いで行きたいと考えています。