メニュー
閉じる
大学院

薬学研究科

ハイレベルなカリキュラムで高度な医療能力を養成する

近年、医療の高度化・複雑化に伴い、すべてのメディカルスタッフにハイレベルな能力が要求されるようになりました。
本研究科は、6年制薬学部の上に立つ大学院として、高度な知識や判断力、研究能力を有する薬剤師、臨床経験を有する薬学研究者を養成し、医療の質向上に貢献します。

在学生の声

兵庫医科大学 ささやま医療センター勤務

分子循環器病治療学分野 3年次生
髙本 光次郎

入学前は職場と学校の距離が離れているので、通学に不安を感じていましたが、授業日程を調整いただき、両立しながら研究を進めています。課題は仕事の後など、空いた時間をみつけて取り組んでいます。薬についてわからないことがあるときは、論文等を読んで調べる必要がありますが、大学院に入ってからは英語の論文も読むようになり、知識の幅が広がりました。今後は論文執筆できる薬剤師になり、薬に関する疑問点を解き明かしていきたいです。また、それを後輩 指導に活かし、より活躍できる薬剤師を育てていきたいと思っています。

修了生の声

小野薬品工業株式会社 オンコロジー早期臨床開発企画部勤務

臨床ゲノム薬理・分子薬物動態学分野 2017年度修了生
竹内 直博/博士(薬学)

大学院進学を決めたのは、博士号を取得する過程で本質を捉える力を向上させ、臨床開発の専門性を高めたいと思ったからです。研究は抗うつ薬の治療反応性とDNAメチル化との関係をテーマにし、研究の進め方など担当教員の先生から丁寧に指導していただきました。この指導体制は兵庫医療大学大学院の魅力のひとつだと思います。また、文献調査やデータの解析等をするために研究室のほかに院生専用の部屋を利用することができ、研究に集中する環境も整っています。今後は大学院で学んだことを活かし、がん領域においても個別化医療の実現に向けた研究開発を進めていきたいと考えています。