メニュー
閉じる
看護学研究科

理念・目標

看護学研究科の理念は、保健・医療・福祉及び社会の変動に対応して、生命と人権を尊重し、看護学の専門的知識と技術に立脚し、創造的かつ科学的に看護が実践できる人材ならびに看護学の教育と研究に携わる人材を育成し、人々の健康とQOLの向上及び看護学の進歩・発展に寄与することにある。 さらに、保健・医療・福祉の場で行う看護実践の科学的根拠となる基礎理論及びその応用について体系的に学修し、人々の尊厳を護り人間性豊かな看護専門職者として、看護学の専門的知識と技術に立脚し、先駆的・創造的に高度看護実践できる能力、並びに看護現象を科学的に解明する看護学の教育・研究能力を育成することを目的とする。

  1. 1.専攻する看護学専門分野に関連する科学的根拠と理論を修得し、看護実践に応用することができる。
  2. 2.専攻する看護学専門分野において、専門性の高い知識・技術を持って看護を実践し、相談・教育・調整機能を高め、看護の質向上と変革を推進することができる。
  3. 3.人間愛と高い倫理観を持ち、複雑な倫理的問題を的確に判断し調整することができる。
  4. 4.先進医療における看護実践を先導的に行うことを通じて、地域医療の向上に資することができる。
  5. 5.専攻する看護学専門分野に関する研究課題に取り組み、研究能力を高める。