メニュー
閉じる
大学院

看護学研究科

2022年4月、兵庫医療大学は兵庫医科大学と統合します。
学校法人 兵庫医科大学が申請を行っていた3学部・3研究科の設置申請について、2021年8月27日付で文部科学省から開設の認可を受けました。
▼詳細はこちら
https://www.corp.hyo-med.ac.jp/public/news_releases/topics/20210902-01.html

院生の個性を引き出し自律を伸ばす大学院教育の実施

看護学は実践の科学として進歩発展してきていますが、医療が高度化し複雑化するなかで、安全安心を第一とした質の向上が問われています。本学看護学研究科は、建学の精神に則り、真に人々にとって必要とされる看護学の専門的知識・技術を修得し、看護実践能力を強化して、社会の求めに応じて役割・機能を果たすことができる看護専門職者を育成します。

研究科長挨拶

看護学研究科長 
土田 敏恵

バランスのとれた学修体系により
看護実践・研究に必要な力を磨く

本研究科では、コースワークとリサーチワークのバランスを考慮し、順次性・体系性を確保した学修プログラムを構築しています。たとえばコースワークでは、看護実践の科学的根拠と理論を学び、根拠に基づいた看護方法を追究し、看護実践に向けた演習を行います。リサーチワークでは、看護学研究科共通科目の看護研究や看護研究演習と連携しながら、各分野・領域における研究指導を手厚く実施しています。また、専門看護師(CNS)養成では、高い専門性と優れた看護実践能力を修得するために、理論・専門的知識と実習を組み合わせた設定になっています。
臨床現場における看護の疑問や悩みを抱えたときこそ、大学院での学びどきです。大学院という現場とは違った環境のなかで、看護実践に必要な知識や技術、理論などを学ぶことで、めざすべき次の看護介入のステップが見えてくるでしょう。

在学生の声

母性看護学分野 2年次生
平野 牧子

臨床の仕事で疑問や知りたいことが出てきても、具体的にどう追究すれば良いのかわからず、忙しさの中に埋没していく日々をおくっていました。しかし、大学院ではその研究手法を学ぶことができると知り、もう一度看護を勉強し直してみようと考え進学を決意。入学直前に出産予定だったので、土日の昼間中心の講義や長期履修制度は、本当にありがたかったですね。担当教授もとても親身になって考えてくださるので、安心して勉強に打ちこめています。今は、母と子や家庭の関係について学びを深めているところ。これから、産前・産後のケアについても研究していきたいと思っています。

修了生の声

慢性看護学分野 2019年度修了生
荻野 友子  (糖尿病・代謝内科 宮田クリニック 勤務)

私が大学院で研究したのは、「2型糖尿病患者の炭水化物摂取に関する認識」について。世間では炭水化物に関する話題が注目されていますが、意外なことに研究の結果、2型糖尿病患者犠が抱いている炭水化物への認識は曖昧なものでした。今後は研究で得られた新たな知見を看護実践に取り入れ、炭水化物と食後血糖値の関係を患者様に理解してもらったり、血糖値が上昇しにくい食事方法などの教育を実践していきたいと考えています。

教育訓練給付制度のご案内

本研究科は厚生労働大臣の指定講座になっております。
居住所にあるハローワークに申請すれば、教育訓練経費の20%(上限10万円)が支給されます。制度の詳細はハローワークHPでご確認ください。また、本研究科の実施内容は明示書をご確認ください。
実際の手続き方法などについては終了時に詳しくご案内します。